【リーグ第4節】VS専修大学

4月23日(土)

第90回関東大学サッカーリーグ 第4節 VS専修大学 ○3-2

DSC01768

第90回関東大学サッカーリーグの第4節が龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドにて行われた。

 

惜しくも引き分けに終わった前節を踏まえ、開幕戦以来の勝利となるか。

 

前半立ち上がり最初にチャンスを作ったのは専修大学。2分、ハーフウェイライン付近からシュート。だが、バーに当たりゴールとはならなかった。3分にも左サイドを突破されクロス。シュートを打たれるも、これはDF・4矢部(4年)がブロックする。順大最初のチャンスは11分、DF・31村松(1年)のクロスからMF・11米田(3年)が合わせシュート。しかしバーの上。専修大の流れが続く中、13分、相手11番がシュート。これがネットを揺らし先制を許す。しかしここから順大のスイッチが入る。18分、MF・28旗手(1年)のキープからFW・7名古(2年)にスルーパス。裏に抜けた7名古がシュートを打つも相手GKに阻まれる。19分には28旗手が中に切れ込みシュート。29分にも31村松のクロスから7名古が合わせるが、得点には至らなかった。37分、相手のペナルティーエリアまで押し込み、11米田(3年)、MF・15石上(2年)、FW27・浮田(1年)がシュートを打つも決めきることはできなかった。順大ペースが続いていたが40分、右サイドを突破され、ニアにいた相手42番がシュート。しかしGK・21中村(3年)が体を張ってセーブする。42分、相手選手が放ったシュートは21中村が触れることができず、ゴールかと思われたが、ゴールラインぎりぎりで4矢部がクリアし、ピンチをしのいだ。ここで前半終了。またも順大が先制を許す展開となる。

 

後半開始早々から順大ペースとなる。8分、右サイドCKからDF・5毛利(3年)が中央でヘッドで合わせる。相手GKが反応するも触れることはできず、ゴール。これで1-1の同点となる。

勢いに乗った順大は12分、右サイドにいたMF・29小松(1年)から中央の27浮田がパスを受け前へボールを運び、相手DFの裏にスルーパス。これに反応した7名古が相手GKとの1対1を冷静に決め、2-1となり逆転する。

14分にも15石上のスルーパスを受けた7名古が27浮田にパス。相手GKと1対1となるもゴールならず。25分、相手を突き放す展開となる。右サイドで得たCKからニアに走りこんだ5毛利が頭でそらし、そのままゴール右隅に吸い込まれた。5毛利の鮮やかなゴールにより、3-1となる。

26分、27分に29小松に代えMF・8新里(3年)、5毛利に代えMF・6原田(3年)がピッチに入った。専修大はゲーム終盤になり、息を吹き返す。39分、23番が相手陣内中央でボールを奪い、そのままドリブルを仕掛け、シュート。これがゴール右隅に決まり3-2となる。43分、27浮田に代わりFW 9・松島(3年)がピッチに入る。

アディショナルタイム2分、相手選手のクロスを合わせられヘディングシュート。しかしオフサイドとなり、ピンチを逃れた。これで試合終了。

最後まで集中力を切らさず、勝ち点3を手に入れることができた。

これで開幕以来、2勝目。

このいい流れを次の筑波大学戦につなげていきたい。

 

DSC01829

1ゴール2アシストのFW7名古(2年)

 

DSC01962

2得点を挙げ、この試合のMOMに輝いたDF5毛利(3年)

 

(文責:2年 岡崎賢吾、北川学)

【リーグ第3節】vs駒澤大学

4月16日(土)

第90回関東大学サッカーリーグ 第3節 VS駒澤大学 △1-1

IMG_5563

 

第90回関東大学サッカーリーグの第3節が駒沢オリンピック公園総合運動場にて行われた。

惜しくも敗れた前節の反省を生かし、勝ちにつなげたいところである。

 

前半立ち上がりから激しい攻防が続いた。1分、MF・8新里(3年)が中盤から右サイドに展開し、MF・6原田(3年)、FW・27浮田(1年)と繋ぎ、右サイドを上がったDF・31村松(1年)がボールを受け、ドリブルを仕掛けた。2人に囲まれながらもクロスを上げ、ニアにいたFW・7名古(2年)が合わせるもキーパーに弾かれる。4分、相手18番が左サイドを駆け上がりクロスを上げ、本学がクリアしたボールをシュートするも枠外となった。7分にも左サイドで相手18番から11番へとパスを繋ぎ、ペナルティーエリア内からシュートを打たれるが、これもバーの上。本学が攻撃の糸口がつかめない中、33分、相手9番のロングスローからペナルティーエリア内に押し込まれ、一度はGK・21中村(3年)が止めるもこぼれ球を決められ0-1となる。42分、原田からMF・15石上(2年)にボールが渡り、ダイレクトでシュートをうつも枠をそれた。ここで前半終了。前半、相手のロングボールの対応におわれ、我慢の時間が続いた。

 

後半、原田に変わりMF・28旗手(1年)がピッチに入った。後半開始早々、駒沢がチャンスをつくった。3分、4分と立て続けに右サイドからクロスを上げられ、シュートを打たれる。だがDF・4矢部(4年)とGK・21中村の体を張った守備により救われる。危ない場面が続いていたが、7分、右サイドから流れてきたボールを名古がペナルティーエリアの外から左足を振り抜きゴール。これで1-1の同点となった。

 

IMG_5626

体を張って守備をするDF4矢部(4年)

 

IMG_6153

同点ゴールを決めたFW7名古(2年)

 

ここから本学のペースとなった。10分には27浮田(1年)、12分には8新里(3年)、14分には28旗手(1年)がゴールに迫った。15分、浮田に変わりFW・10佐野(4年)がピッチに入った。

 

IMG_6074

途中出場のFW10佐野(4年)

 

25分にはCKから坂がニアで合わせるがゴールとはならなかった。28分、旗手と名古の連携から右サイドを崩し、旗手が中に切れ込みシュート。惜しくも相手キーパーに止められる。粘り強い守備からMF・5毛利(3年)、MF・11米田(3年)のドリブルでチャンスを作るもゴールが遠い。43分、旗手が右サイドをドリブルし、中にいた名古にパス。トラップで相手をかわし、キーパーと1対1となるもバーの上。同点のまま試合終了となった。終始相手ゴールに迫ったが逆転することはできなかった。

 

開幕から3試合を終え1勝1分1敗。前節の早稲田戦に続き、先制を許し追いかける展開。やはり先制点を取られてしまっては試合に勝つのも難しくなる。後半にリズムのいい攻撃が多く見られたのは収穫だが、今後このような苦しい試合を勝ちきることが課題となった。次の試合で開幕以来の勝ちを期待したい。

IMG_6244

 

(文責:2年 岡崎賢吾,北川学 写真提供:市川朋香)

【リーグ第2節】vs早稲田大学

第90回関東大学サッカーリーグ 第2節 VS 早稲田大学 ●1-2

IMG_4876

4月9日(土)

第90回関東大学サッカーリーグの第2節が味の素フィールド西が丘にて行われた。

初戦に勝利した本学は強豪である早稲田大学に勝利して勢いに乗りたいところである。

本学のキックオフで始まったこの試合、序盤攻勢に出たのは早稲田。前線からのプレスとロングボールを多用した攻撃で本学を押し込む。一方、本学はビルドアップの糸口が掴めず、自分たちの思うようなサッカーをすることができない。しかし、しだいにペースを掴んできた本学は12分、MF・6原田(3年)のパスを右サイドで受けたFW・7名古(2年)が中央へドリブルしシュートを打つもこれはキーパー正面となりゴールには至らず。本学のペースで試合は続くが、一瞬の隙を突かれてしまう。18分、相手8番がそらしたボールに相手17番が反応し、ドリブルで持ち込み左足でループシュート。GK・21中村(3年)が触るもボールはゴールネットを揺らし0-1となる。

しかし順大もすぐさま反撃に出る。24分、MF・11米田(3年)がペナルティーエリアまでドリブルで持ち込みスルーパス。これにFW・27浮田(1年)が抜け出し、右足で押し込み同点とする。これで勢いに乗った本学は32分、ハーフウェーラインから米田がドリブルで持ち込み右足シュートを放つも枠を外す。さらに45分、浮田が名古とのパス交換で抜け出し左足でシュートを放つも左へ外れる。ここで前半が終了。

IMG_5211

同点ゴールを決めたFW27浮田(1年)

後半最初にチャンスを作ったのは早稲田。59分、相手7番のペナルティーエリア付近からの直接フリーキックは中村がセーブ。一進一退の攻防が続く。62分、DF・5毛利(3年)が左サイドからドリブルで運びミドルシュートを放つも右へ外れる。66分、相手7番のフリーキックのこぼれ球に相手17番が反応しシュートを放つもラインギリギリで本学がクリア。徐々に早稲田ペースとなりつつあった。69分、相手7番のドリブル突破からのパスを受けた相手9番が冷静にゴール左へ流し込み勝ち越しを許す。本学は71分、74分にMF・33藤田(1年)とMF・28旗手(1年)を立て続けに投入し攻勢に出る。

IMG_5245

途中出場のMF33藤田(1年)

 

IMG_5259

途中出場のMF28旗手(1年)

すると78分、名古のコーナーキックからDF・2坂(3年)がヘディングで合わせるもキーパー正面となり同点ゴールのチャンスを活かすことができない。試合終盤になり、早稲田は引き、本学が押し込むという展開が続く。85分、相手のクリアミスを名古が拾いミドルシュートを放つも大きく上へ外れる。最後まで押し込んだ本学であったが同点ゴールを奪うことができず試合終了。1-2で敗戦となった。

 

IMG_5430

この敗戦を引きずることなく次節への準備を一週間続けていきたい。

 

(文責:3年 佐藤時生, 写真提供:市川朋香)

【リーグ第1節】vs日本体育大学

 

第90回関東大学サッカーリーグ 第1節 vs 日本体育大学 ○1-0

IMG_4154

4月3日(日)

第90回関東大学サッカーリーグ戦の初戦が中台運動公園陸上競技場で行われた。

堀池監督が就任して2年目である今シーズンは私たちの真価が問われる年でもある。

本日はその大事な初戦であった。

今シーズンより応援もスタートさせ、今まで以上にチーム一丸となって試合に臨む。

IMG_4098

 

本学は4-4-1―1の布陣で臨んだ。

前半立ち上がり攻勢に出たのは日本体育大学。前半3分左サイドをドリブルで突破されクロスをあげられるがDF・2坂(3年)がクリア。6分左サイドからあげられたクロスに頭で合わせられシュートを打たれるもこのシュートはバーの上。押し込まれる場面が続いたが本学も反撃に出る。8分右サイドMF・6原田(3年)からのクロスに名古が合わせシュート。これは相手GKの正面。11分ゴール前でMF・15石上(2年)からパスをもらったMF・11米田(3年)が折り返し、FW・27浮田(1年)がシュートを打つもゴール上に外れる。27分DF・5毛利(3年)からの縦に早いスルーパスに米田が抜け出しクロス、浮田が足で合わせたシュートは相手GKがストップ。左サイドを起点にチャンスを作るものの決定的なシーンを作ることができない本学。徐々に試合の主導権を日本体育大学に握られる。34,38分と日本体育大学がゴール前でのFKを獲得。どちらともシュートを打たれる前にクリアするも押し込まれる時間が続く。41分中盤からのスルーパスに抜け出した日本体育大学17番が1対1の場面をつくるも坂がなんとか体をよせシュートはミートせず難を逃れる。43分には日本体育大学7番があげたクロスはフリーの17番にわたり決定的な場面を作るもDF・31村松(1年)が間一髪で対応しクリア。本学にとっては我慢する時間が続いた前半であった。

 

後半開始早々にチャンスを作ったのは本学。5分日本体育大学のCKから毛利がボールを持ち出しカウンター。村松から横パスをもらった米田が中に切り込んでシュートを放つも相手DFが体を張ってブロック、そのこぼれ球を石上が押し込むもシュートはゴールを捉えることができない。8分左サイド米田のドリブル突破からのクロスにあわせたのはFW・7名古(2年)、シュートは相手DFに阻まれるもCKを獲得。このCKに原田が頭で合わせるもシュートはわずかにはずれる。日本体育大学も反撃にでる。10分17番がスルーパスに抜け出しドリブルで仕掛けるがここは村松が体を張った対応でシュートまでは行かせない。13分2番からのクロスを坂がクリア、そのボールを7番がダイレクトで合わせるもGK・21中村(3年)がキャッチ。

14分待望の得点が生まれる。毛利からパスを受けた米田が相手をひきつけ裏にスルーパスこれに反応した毛利がドリブルで仕掛けペナルティエリアでファールをもらいPKを獲得。これを毛利自身が決めて1‐0、ベンチ,スタンドで応援している部員が待ち望んでいた得点だった。

IMG_4527

先制点をあげたDF5毛利(3年)

先制点をいれた本学は試合の流れを引き戻し攻勢にでる。25分名古とのワンツーから米田がシュート。29分MF・8新里が蹴ったFKのこぼれ球を毛利がシュート。攻め込んでいた本学であったがここから日本体育大学の反撃が始まった。31分FKから5番が折り返して7番がシュート。このシュートGK中村がファインセーブ。35分FKから10番がボールをおさめてシュートするもバーの上。45分ショートコーナーからクロスをあげられて10番が頭で合わせるもゴールにはならず。日本体育大学の猛攻にGK中村を中心としたDF陣が体を張ったプレーで得点を許さず1‐0で勝利することができた。

IMG_4403

この試合のMOMに輝いたGK21中村

 

試合後スタンドで大きな声を出し選手たちにエールを送り続けた部員たちと共に勝利を喜んだ。

IMG_4755

 

次節4月9日の早稲田戦に向かってチーム一丸となって良い準備をしていきたい。

(文責:3年 佐久間幸一, 写真提供:市川朋香)