【リーグ第8節】VS明治大学

 

5月21日(土)

第90回関東大学サッカーリーグ 第8節 vs明治大学 ●1-2

DSC03301

第90回関東大学サッカーリーグが味の素スタジアム西競技場にて行われた。

前節は惜しくも敗れたが、この試合で勝ち点3を取り、上位に食い込みたい。

この試合は両チームとも慎重な入りで、序盤はなかなかチャンスを作れない。

最初のシュートは順大。前半12分MF・7名古(2年)から、この試合2トップの一角として出場したFW・28旗手(1年)にボールが渡り、ドリブルからシュートを放つもDFがブロック。

前半16分には、順大がCKの守りから高速カウンター。クリアボールをDF・5毛利(3年)→28旗手→MF・11米田(3年)→MF・14杉田(3年)と繋ぎ、右サイドからシュートを放つもGKがディフレクティングでCKへ逃れる。

DSC03366

流れを掴みかけた順大だったが、先制したのは明大。前半20分にDFラインの背後をつかれ左サイドを突破されると、クロスから明大15番に押し込まれ先制点を献上しているしまう。

流れを変えたい順大だったが、なかなかペースをつかめない。

前半24分、明大はCKをファーで折り返しゴールを狙うも、ここはGK・1中村(3年)がキャッチし追加点を許さない。

直後の前半28分にも、スローインの流れからペナルティエリアに進入されクロスをあげられるも、ここも順大守備陣が身体を張りCKへ逃れる。

苦しい展開の順大だったが前半33分、DF・6原田(3年)のロングボールを11米田が落としてFW・27浮田(1年)がゴールを狙う。

前半45分、明大はFKを直接狙うもポストに阻まれる。

一進一退の試合展開のまま前半終了のホイッスル。

後半巻き返したい順大だったが、立ち上がりに相手にチャンスを作られてしまうが、ディフェンスやキーパーが体を張りゴールを守る。

流れを変えたい順大は後半17分に28旗手に代えてFW・12貫場(3年)を投入する。

DSC03412

しかし後半19分に一瞬の隙を突かれて相手13番にロングシュートを決められ、点差は2点差に。

まずは1点返したい順大は後半23分にMF・15石上(2年)がミドルシュートを豪快に決め1点差に迫る。

DSC03401

さらに攻勢を強める順大は後半31分に15石上に代えて、MF・8新里(3年)を投入すると、後半33分に8新里のフリーキックにDF・2坂(3年)が飛び込むもヘディングはヒットせず、ゴールならず。

さらに順大は後半37分にDF・6原田(3年)に代えてDF・17小島(4年)を投入する。

後半43分にはMF・14杉田からのクロスに12貫場が飛び込むも触ることができず。

最後まで攻めるもゴールを奪えず1-2で試合終了。
連敗となってしまった。

前節に続き敗戦となり、連敗となってしまったが、次節で連敗を止めて、勝利できるよう、チーム全員で良い準備をしていきたい。

 

(文責:1年 栄田将也)

【リーグ第7節】VS慶應義塾大学

5月15日(日)

第90回関東大学サッカーリーグ 第7節 vs慶應義塾大学 ●2-3

 

第90回関東大学サッカーリーグが味の素スタジアム西競技場にて行われた。

IMG_7092

今季初の連勝をし、上位に食い込みたいところだ。

序盤は一進一退の攻防が続く。

最初のチャンスは順大、前半5分MF・11米田(3年)がFW・27浮田(1年)とのワンツーでサイドを崩し、FW・10佐野(4年)にパスを送るも相手ディフェンスに防がれてしまう。さらに前半8分、MF・7名古(2年)のパスを受けた27浮田が狙いすましたシュートを放つが相手GKに阻まれてしまう。

前半17分には左サイドからのクロスから相手10番に、決定的な場面を作られてしまうがここはGK・1中村(3年)がファインセーブでピンチを逃れる。

試合が動いたのは、前半23分11米田のカットインからゴール前の27浮田にパスを入れると見事なターンから冷静にゴールに流し込み、27浮田の2試合連続ゴールで順大が先制する。

IMG_7195

その後順大は7名古、11米田を中心にチャンスを作るが、モノにできない。

IMG_7278

相手のディフェンスラインへの速い押し込まれる時間が続き、徐々に相手へ試合の流れが傾きかけると、前半37分相手11番のクロスから9番のミドルシュートで同点に追いつかれてしまう。その後は両チーム共にチャンスを作れず、前半終了。

後半勝ち越しを狙う順大は10佐野に代えてMF・14杉田(3年)を投入して巻き返しを図る。

IMG_7296

後半開始早々、11米田が27浮田とのワンツーからパスを受けたMF・28旗手(1年)が左足でシュートを放つが、これはポストを直撃してしまう。

IMG_7314

その後なかなかチャンスを作れずにいると、後半9分、またもクロスから相手10番にポレーシュートを決められ、逆転を許してしまう。

同点に追いつきたい順大はテンポよくパスを回しながら、個人技でも崩しにかかると、後半12分、27浮田とのパス交換から抜け出した7名古から28旗手へゴール前へスルーパスを送るも届かず。さらに後半14分には、28旗手が相手ディフェンダーを背負った状態から自らターンしてドリブルで持ち込みシュートを放つもゴールの右に外れてしまう。

少しずつ流れが順大に傾き始めたと思われた後半21分、スローインからサイドを崩されると相手13番に3点目を決められてしまう。

すると、順大はMF・15石上(2年)に代え、FW・9松島(3年)を投入しフォーメーションを変更し、攻撃の枚数を増やし反撃にでるが、相手の固い守備に阻まれ、チャンスを作れない。

しかし、それでも9松島との連携から抜け出した11米田のパスを受けた27浮田のシュートのこぼれ球を28旗手が押し込み、リーグ戦初ゴールを決める。このゴールで1点差に迫り、さらに2坂を前線に上げ、パワープレーで同点を目指すが、得点を奪えず、2ー3で試合終了。

今季初の連勝とはならなかった。

IMG_7604

この敗戦を糧として、次節必ず勝つことができるよう、選手だけではなく、応援団も含めてチーム全員で良い準備をしていきたい。

 

(文責:2年山嵜太一 写真提供:市川朋香)

 

【リーグ第6節】VS流通経済大学

5月7日(土)

第90回関東大学サッカーリーグ 第6節 vs流通経済大学 ○4-1

IMG_6434

第90回関東大学サッカーリーグがフクダ電子アリーナで行われた。

前節、集中応援を前にして筑波大学にまさかの大敗を喫した順大。 集中応援でたくさんの人が見に来てくださった中で、チームの今後のためにも見に来てくださった方々のためにも絶対に勝利がほしいところ。 前節からDF・31村松(1年)のCBとしての起用やDF・6原田(3年)とFW・10佐野(3年)のスタメン復帰など、スターティングメンバーを大幅に変更して迎えた。

1分、右サイドから6原田のクロスを相手DFがPA内でハンドをし、PKを獲得。これを10佐野が落ち着いて決め、順大が幸先よく先制する。

IMG_6474

立て続けに3分、高い位置でボールを奪った順大。10佐野が中央から左に流れたFW ・27浮田(1年)にスルーパス。これを受けた27浮田がGKとの1vs1を落ち着いて決め追加点を決める。

IMG_6502

その後は、DFラインを立て直した流経大が押し気味に試合が展開されるも、順大は決定機を与えない。

すると19分、左サイドからMF・11米田(3年)のカットインから27浮田へパスが渡りゴールを狙うも枠の上に外れる。

22分、相手左サイドから中央へのスルーパス。相手FWが反応しゴールと思われたがこれはオフサイドの判定に助けられる。

その後は両チーム集中したプレーで拮抗した状態が続くが、40分、カウンターから6原田がクロス。10佐野がボールを受けシュートを放つが相手GKのファインセーブに阻まれる。 このまま2-0で前半を終了した。

 

両チームともメンバー交代のないまま後半キックオフ。

3分、相手CKのカウンターから11米田ドリブルで持ち込みそのままシュート。これが決まり、3-0とする。

IMG_6690

しかし13分、右サイドからのクロスにフリーで合わせられ失点。 さらに23分、相手の右サイドから意表を突くループシュートを打たれるも、GK・21中村(3年)のファインセーブで失点を阻止。

28分、MF・7名古(2年)が左サイドからカットインしてシュートを放つも枠の上に外れる。

30分以降、相手の猛攻を耐え抜く時間が続く。 32分、6原田に代わりDF・3野田(4年)を、さらに流れを変えたい順大は、36分にもMF・28旗手(1年)に代えMF・14杉田(3年)を投入する。

すると41分、左サイドでボールを持った11米田がカットインして自らシュート。これがゴール右下隅に決まり、4-1とし試合を決定づけた。

IMG_6799

43分、今日1ゴールの27浮田に代わりFW・9松島(3年)を投入。

このまま試合終了かと思われたAT3分。PA内で相手選手を倒してしまい、PKを与えてしまう。しかし、これを守護神21中村がファインセーブし最少失点に抑える。

そしてこのまま試合終了。 集中応援を行ったこの試合を4-1の快勝で終えた。

IMG_6908

次節は5月15日、味の素スタジアム西競技場にて相手は慶應義塾大学。 この勝利を起爆剤にして勝ち点を積み上げていきたい。

 

(文責:2年 川治寛正  写真提供:市川朋香)

【リーグ第5節】VS筑波大学

5月1日(日)

第90回関東大学サッカーリーグ 第5節 VS筑波大学 ●0-5

DSC02334

第90回関東大学サッカーリーグが東総運動場で行われた。

 

前節の勝利の勢いに乗って連勝したいところだ。

 

 

前半開始から順大がポゼッションで、対する筑波大学はDF背後への飛び出しやサイド攻撃を中心にチャンスを探る。

10分が経過する頃から、筑波大のボール保持率が高くなり、順大はなかなかマイボールの時間を増やすことができない。

12分、FW・7名古(2年)がセンターサークル付近でインターセプトし、右サイドをドリブルで仕掛け、前線にいるFW・27浮田(1年)にアーリークロスを上げるも27浮田、相手GK共に触れずゴールへ吸い込まれる。しかし、これはオフサイドの判定。

15分、右サイドDF・31村松(1年)のスローインからMF・15石上(2年)が左サイドへ展開しMF・11米田(3年)がミドルシュートを放つも枠を捉えることができない。

試合が動いたのは20分。筑波大は左サイドでFKを獲得するとファーサイドに走りこみヘディングで合わせ先制。32分には自陣PA付近でボールを奪われ、シュートを打たれるが、GK・21中村(3年)が正面で落ち着いてキャッチ。

40分、筑波大は左サイドを突破しクロス。これを中央でダイビングヘッドで合わせ0-2。追加点を奪われてしまう。

42分、順大はMF・29小松(1年)に代わりMF・8新里(3年)を投入。アディショナルタイム1分、相手陣内のセンターサークル付近で15石上がパスカット。そのボールを拾った27浮田がシュートを放つも枠を捉えきれない。2点のビハインドを背負ったまま前半終了となった。

 

後半、DF・4矢部(4年)に代わりFW・9松島(3年)がCBに入る。

立ち上がりから筑波大を押し込み、50秒、2分、5分と立て続けにチャンスを作るもゴールへ結びつけることができない。

13分、27浮田に代わりFW・10佐野(4年)を投入。

15分、筑波大は右サイドハーフウェイライン付近でFKを獲得すると、DFラインの背後に抜け出した相手FWがゴール左隅に流し込み追加点0-3。

20分、MF・28旗手(1年)が中盤でボールを受け、背後へ抜け出した10佐野へパスを送るも、相手GKのパンチングにより防がれる。25分、11米田が倒されFKを獲得するも、8新里が蹴ったボールは相手キーパーにキャッチされる。なんとか得点を奪いに攻め続けるも、43分、アディショナルタイム3分と追加点を奪われ、0-5で試合終了。

順大は大量失点を喫し、勝ち点を積み上げることはできなかった。

 

この敗戦から出た課題を克服し次節の集中応援で勝利できるよう、1週間良い準備をして行きたい。

 

DSC02561

果敢に仕掛けシュートを放ったMF11・米田(3年)

 

 

DSC02567

厳しい展開にも、スタンドから最後まで声を張り続けた応援団

 

 

(文責:2年 齋藤一真 1年 高瀬友貴)