【リーグ第11節】VS法政大学

6月12日

 

第90回関東大学サッカーリーグ第11節 VS法政大△2-2

IMG_7759

第90回関東大学サッカーリーグが岩名運動公園球技場にて行われた。

前期最終節、ここで勝利を収めて2位浮上の可能性を残したい。

前半6分、順大最初のシュートはMF・11米田(3年)が得意の形で中に切れ込みシュート、しかしこれは相手DFに防がれる。

前半10分、MF・14杉田(3年)のセンタリングから11米田のヘディングシュートも惜しくもゴール右にそれる。

前半16分、MF・7名古(2年)が中央でボールを持ち、遠めからシュートを打つも枠を外れる。

前半20分、FW・28旗手(1年)が得意のドリブルでゴールに迫り、相手にはじかれるもMF・15石上(2年)がこぼれ球をダイレクトシュート。しかしこれは枠を外れる。

前半32分、右サイドの14杉田が中でフリーだった28旗手にパス、そこからミドルシュートを放つが相手キーパーにキャッチされる。

前半何とか先制点を奪いたい順大はここから怒涛の攻撃をみせる。

前半38分、サイドチェンジから左サイドの11米田が中に切れ込み28旗手にパス、28旗手がシュートを放つも相手DFに防がれる。

IMG_7889

前半40分、中盤でボールを保持していた7名古から上がってきたDF・5毛利(3年)にパス、そこからミドルシュートを狙うもゴールわずか右にそれる。

前半43分、DF・6原田(3年)のドリブル突破から粘ってコーナーキックを獲得。

同分、7名古のコーナーキックから28旗手がヒールでシュートするも相手GKに阻まれる。

両チーム無得点で前半を終了する。

 

後半開始早々順大がチャンスをつくる。
後半2分、11米田が上がってきた5毛利へスルーパス、アーリークロスをあげるもこれは28旗手には合わない。

後半10分、11米田のドリブル突破から上がってきた5毛利へパス、5毛利が中に切れ込みシュートするもこれは相手に当たってコーナーキックへ。

同分、7名古のコーナーキックから一度相手にクリアされ再度コーナーキックとなる。

IMG_7930
同分、再度コーナーキックから5毛利が足で合わせるがこれは相手GKがキャッチする。

後半16分、6原田のセンタリングを28旗手が頭で合わせる、一度相手GKに阻まれるもこぼれ球を11米田が拾い、冷静に1人かわしシュートで順大が先制点。

IMG_7973

IMG_7985

 

後半17分、28旗手と14杉田で右サイドを崩し、中にいるFW・27浮田(1年)にパス、ミドルシュートを狙ったが相手DFに阻まれる。

後半23分、相手17番のスルーパスをDF・2坂(3年)がクリア、コーナーキックとなる。

後半24分、右のコーナーキックから相手のヘディングシュートを一度防ぐも、こぼれ球を相手につめられゴール、試合は振り出しに戻される。

ここから試合は激しさを増す。

後半30分、28旗手が裏へ抜け出し6原田へ、センタリングをあげるも相手GKにキャッチされる。

後半31分、27浮田に代わり、FW・9松島(3年)を投入する。

後半36分、相手の右サイドでのフリーキックからヘディングで合わされ1-2、勝ち越しを許してしまう。

後半37分、14杉田に代わり、FW・12貫場(3年)を投入する。

同分、その貫場が投入直後、5毛利のセンタリングからシュートも相手DFに阻まれる。

後半41分、両チーム交代カードを切る。
順大は15石上に代わり、MF・8新里(3年)を投入する。

もうあまり時間も残されていない中、順大にビックチャンスが訪れる。
後半44分、12貫場から中の9松島へ、これを11米田におとし、会場を沸かせる軸裏を通したパスで7名古へ、これを落ち着いて右に流し込み、2-2の同点。

IMG_8079

後半45分、センタリングから相手のヘディングシュート、しかしこれは順大守護神GK・21中村(3年)がビッグセーブ。

アディショナルタイムは3分。
後半46分、もう1点取りなんとか勝利を収めたい順大は、2坂のロングパスを受けた28旗手が得意のドリブルから中に切れ込みシュート、しかし枠外。

直後、逆にピンチを迎える。
後半47分、相手がリズムよくパスをつなぎ、右サイドの32番にシュートを打たれるもこれは21中村が体を張って防いだ。

後半48分、右サイドでボールを保持していた12貫場がセンタリングをあげ、9松島がヘディングで合わせるも枠を外れる。

ここで試合終了、前期最後の試合は2-2の同点で終える。

IMG_8148

 

関東大学サッカーリーグ前期は4位と上位で終わるが、目標は優勝であるので後期始まりまでに修正して目標達成のために万全の準備をしたい。

〔文責:1年 西崎雄太 茂木奎太        写真提供:市川朋香〕

【リーグ第10節】VS国士舘大学

6月4日

第90回関東大学サッカーリーグ第10節 VS国士館大学○5-0

第90回関東大学サッカーリーグは龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールドにて行われた。

前期はこの試合を含め残り2節となった。前節の勝利の勢いのまま今季初の連勝を狙いたい。

前半5分、MF・7名古(2年)がこの試合最初のシュートを放つ。

前半8分、相手17番が左サイドから中に切れ込んでシュートを打たれるがGK・21中村(3年)がキャッチ。

前半14分、右サイドでDF・6原田(3年)からパスを受けたFW・28旗手(1年)が中に切れ込んでシュートを放ち、ゴール。2試合連続となる28旗手のゴールで順大が先制する。

前半15分、相手23番にシュートを打たれるが、これも21中村がしっかり抑え相手に得点を与えない。

前半22分、MF・14杉田(3年)のサイドチェンジから11米田が左サイドで切り返してクロスを上げるがこれは合わない。

前半23分、MF・15石上(2年)が中央でボールを持ち、遠めからシュートを放つが相手に当たってコーナーキックとなる。

前半28分、14杉田からのシュート性のボールをFW・27浮田(1年)が収め、2人を背負いながらシュートを放つが枠を外れる。
追加点を奪いたい順大だが、前半30分すぎから相手に押し込まれる時間が増えてくる。
前半35分、相手コーナーキックから24番にシュートを打たれる。
直後の前半36分にも、相手にDFラインの背後をつかれ、21中村が前に出るがクリアしきれず相手に渡ってしまう。そこからクロスを上げられシュートを打たれるが、すぐにポジションを修正した21中村がセーブし、なんとかピンチを切り抜ける。

流れを取り戻したい順大は、前半42分、28旗手のパスからMF・11米田(3年)が左足でゴールを狙う。

前半43分にはDF・2坂(3年)が相手のパスをカットしロングシュート。

前半45分、11米田が左サイドから中に切れ込んでシュート。しかしこれは相手キーパーのファインセーブに阻まれる。

チャンスを作るも決め切れない順大。28旗手のゴールで1点リードし前半を終える。

後半の入りに成功した本学は立ち上がりからゴールラッシュとなった。
後半3分、7名古が中央でボールを受け27浮田にパス。後ろ向きで受けたボールをワンタッチでターンし左足を振り抜きゴール左隅に決まり2点目。
後半5分、DF・5毛利(3年)の左からの低いクロスに27浮田があわせるもキーパーのファインセーブ。こぼれ球を詰めるもディフェンスがかきだしゴールならず。この流れで得たコーナーキックを7名古が蹴ると、2坂が頭に合わせ3点目。

後半10分、左サイドで11米田→5毛利→28旗手とつなぎ、シュートコースがあまりないところを28旗手がゴールを狙うも相手ディフェンスに阻まれる。

後半12分、11米田が左から中央にドリブルで持ち込み後ろに落とし14杉田が受けると、14杉田は左サイドに流れていた15石上にパス。ゴール前フリーでボールを受けた15石上は右足で冷静にゴール右隅に蹴り4点目。

後半26分、国士館大学の10番が本学のクリアミスをペナルティーエリア付近で拾いゴールを狙うも大きく枠を外れる。

後半27分、中央からの15石上のスルーパスに抜け出した28旗手がキーパーと1対1となりキーパーをかわし落ち着いて流し込み5点目。

後半27分、27浮田outFW・12貫場(3年)in。

後半28分、国士館大学の20番がセカンドボールを拾いロングシュートを打つも大きく枠を外れる。

後半33分、15石上outMF・32津島(1年)in。

後半38分、国士館大学の早いリスタートから10番が裏に抜け出し遠目からゴールを狙うもキーパー21中村の正面。

後半41分、28旗手に代わりMF・8新里(3年)がそのままFWへ入る。

後半に4得点を奪い5-0の大量得点で終える。

終始テンポの良いパス回しでリズムを掴み相手に流れを渡さず、大量得点で勝利を収めることができた。前半の終盤にピンチがあったがそこを無失点でしのぎ、後半の立ち上がりで連続して得点を奪えたことが今回の勝利とともに今季初の連勝に繋がった。また両センターバックでしっかりと相手FWを抑えられたことにより2試合連続無失点となり、収穫の多いゲームとなった。

次節は6月12日佐倉市岩名運動公園陸上競技場で法政大学と対戦する。次節が前期最終戦となる。去年は負け越している法政に勝ち、上位で前期を終えたい。

[文責:梶原烈(2年)、高田謙(1年)]

DSC04130

DSC04161

DSC04266

DSC04308

DSC04313

DSC04218

DSC04316

【リーグ第9節】VS桐蔭横浜大学

5月28日 第90回関東大学サッカーリーグ第9節 vs桐蔭横浜大 〇2-0

DSC03606

第90回関東大学サッカーリーグが相模原ギオンスタジアムにて行われた。

前節まで2連敗しているため、ここで勝って勢いを取り戻したいところだ。

試合開始早々順大がチャンスを作る。1分、右サイドペナルティーエリア角付近でMF・14杉田(3年)がボールを奪いクロスをあげるとFW・28旗手(1年)が合わせるが枠をとられあれない。

14分、MF・7名古(2年)から左サイドのMF・11米田(3年)へパスを出すと11米田がセンターリングを上げFW・27浮田(1年)が14杉田へおとしシュートを放つがディフェンスに阻まれる。

35分、ボールを奪われカウンターをくらうとGK・21中村(3年)が飛び出すが触れずゴールを狙われるが14杉田が戻りボールを奪い返し、危機を回避する。

39分、27浮田が相手陣地中央でボールを受けると裏へ抜け出した11米田へスルーパス。これを11米田がGKとの1対1を冷静に流し込み順大先制。

DSC03788

このまま1-0で前半終了。

後半最初にチャンスを作ったのは順大。4分、左サイドで受けた11米田が中央へパスを出すとそこへ走り込んだ28旗手がターンをしシュートを放つ が、これはキーパーの正面。

後半試合が動いたのは11分、相手のパスミスを28旗手が奪うとキーパーの位置を確認しながらの冷静なシュートで追加点。これで2-0となる。

DSC03860

19分 桐蔭横浜大
11のアリークロスを20がシュートするがファールの判定。ピンチを切り抜ける

26分27浮田に代わりFW・12貫場(3年)投入。

38分、桐蔭横浜大19のゴール前へのスルーパスをDF・31村松(1年)がスライディングでカット。

45分 センターラインやや左付近からフリーキックでクロスを上げられると、中にいた選手にシュートを打たれるが21中村がファインセーブ。

アディショナルタイムは3分。
47分、28旗手に代わりFW・9松島(3年)投入。

47分、9松島から左サイドへパスを出すと11米田がクロスを上げ、12貫場がシュートを放つが決めきれない。ここで試合終了。2-0で順大の勝利。

DSC03954

連敗という悪い流れを勝利で断ち切ることができた。次節勝利で今期初の連勝を目指すため、チーム一丸となってしっかり準備していきたい。

(文責:1年 高瀬友貴 高根海斗)