【第91回関東大学サッカーリーグ第6節】VS筑波大学

5月20日(土)

第91回関東大学サッカーリーグ

第6節vs筑波大学

第91回関東大学サッカーリーグの第6節が竜ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールドで行われた。

試合当日の気温は非常に高く、日差しも強かった。現在5節を終え、本学は未だ無敗なものの、ここ2試合勝利から遠ざかっている。勝ち点1差で3位につける筑波大を突き放し、首位に躍り出たいところだ。

スターティングメンバーは前節から変更はない。

試合前から両校の応援が響き渡る。
キックオフは本学。

ファーストシュートは10分、MF・10米田(4年)のクロスからゴール前でFW・13浮田(2年)が相手ディフェンスを背負いながら収め、落としをFW・25大谷(1年)がシュートするもゴールの上に外れてしまう。

筑波大がボールを保持し、ロングボールを多用しながらリズムを作る。
本学はなかなか攻撃の糸口をつかむことができない。

すると23分、中央からスルーパスを通され失点してしまう。

流れを変えたい本学は28分、DF・23三國(1年)に代えてDF・5毛利(4年)を投入する。

その後は互いにシュートまで行くことが出来ない時間が続く。

40分に本学のコーナキック。
ゴール前で混戦になり、最後は5毛利がシュートを打つ。相手に防がれはしたものの徐々に本学のペースになる。

ロスタイムは2分。

すると試合を振り出しに戻すゴールが決まる。DF・15村松(2年)のロングフィードからMF・7名古(3年)がダイレクトで華麗なループシュート。スーパーゴールに会場が湧き上がる。

得点の勢いそのままに、13浮田の強烈ミドル。相手キーパーに惜しくも弾かれる。

序盤は筑波大にリズムを掴まれ守備に回る時間が多かったが、終盤得点を奪い、いい形で前半を終えた。

後半、筑波大のキックオフで始まった。

開始早々、本学が前からのプレスでボールを奪い細かいパスをつないで、ペースを掴み始める。
7名古、MF・20室伏(4年)を中心に中盤での組み立てからチャンスを作る。

7分、MF・14杉田(4年)が右サイドから切り返してシュートを打つも外れてしまう。
そして8分、7名古のキックから毛利がヘディングするがオフサイドの判定。
さらに15分、中央14杉田のパスから10米田がシュートを打つもゴール上に外れる。

流れに乗ってきたと思われたが、16分、一瞬対応が遅れてしまい、ゴール前のこぼれ球を拾われ、失点してしまう。

なんとか追いつきたい本学は、22分に25大谷に代えてFW・26望月(1年)を投入する。
そして25分、右サイド26望月の仕掛けからのクロスを13浮田がヘディングするがこれはゴールならず。
さらに27分、ここで13浮田に代わりFW・9松島(4年)が投入される。
すると9松島にボールが収まり、そこからチャンスを多く作る。

このまま終わるかと思われた45分、10米田が7名古とのワンツーを受けペナルティエリア内で相手のハンドを誘い、PKを得る。
このチャンスを10米田がしっかり決めて土壇場で追いつく。

最後まで積極的に攻めるが、ここで試合が終わる。

この暑さの中で失点をしても、集中を切らさずに戦い抜き、引き分けまで持ち込むことができた。守備の部分では最後のところで粘り強い対応を見せ、失点を引きずることがなかった。攻撃ではもっと早い時間帯に主導権を握って、先制点を取りたかった。

次節は5月28日に、日本体育大学との試合が、味の素フィールド西が丘で行われる。

集中応援で多くのサポーターが集まるので、次節こそは勝利を飾り全員で喜びを分かち合いたい。

(文責:茶木創)

【第91回関東大学サッカーリーグ第5節】VS専修大学

5月13日(土)

第91回関東大学サッカーリーグ

第5節vs専修大学

第91回関東大学サッカーリーグの第5節が千葉県総合スポーツセンター東総運動場で行われた。
試合当日は悪天候のためピッチコンディションは非常に悪く、ピッチ中央には水たまりが発生していた。天候には恵まれなかったが、開幕からの流れを崩さず勝利を飾りたい。

スターティングメンバーには今季初先発であるDF・23(1年)三国スティビアエブスが名を連ねた。

専修大のキックオフで試合が開始された。開始早々両校激しい応援が続いた。

開始1分MF・14杉田(4年)がこの試合のファーストシュートを放った。
2分14杉田からパスを受けたMF・7名古(3年)が相手の股を抜きミドルシュートを放つが惜しくもキーパー正面。

13分FW・25大谷(1年)が右サイドを突破しアーリークロスをあげるがFW・13浮田(2年)に惜しくも合わず

お互いに攻撃の糸口が見つからず、シュートまで行くことができない時間帯が続く。

両校決定的なシーンを作れず前半が終了した。

後半開始から13浮田に代わり、FW・9松島(4年)が入った。

後半は本学キックオフで開始された。

開始1分7名古のコーナーキックに9松島が合わせるが、惜しくもゴール右へ

後半5分コーナーキックのこぼれ球を押し込まれて失点。

後半12分 25大谷に代わって、MF・5毛利(4年)が投入された。

後半22分9松島がロングボールを収め、こぼれ球を拾った14杉田が走り込んできたMF・20室伏(4年)にパス。ダイレクトで右端にシュートこれが決まり同点に追いつく。

引き続き本学のチャンスが続くが、決めきれず。

後半37分MF・10米田(4年)に代わって、MF・8新里(4年)が投入された。

アディショナルタイムは5分。

最後まで攻め続けたが、逆転ゴールを奪えず、試合終了のホイッスルが鳴った。本学は専修大学に1-1で、前節に引き続き引き分けに終わった。

次節はたつのこフィールドにて筑波大学と対戦する。引き分けが続いているので、勝ち星が欲しい。

 

文責:渡邊 康平

【第91回関東大学サッカーリーグ第4節】VS駒澤大学

5月7日(日)

第91回関東大学サッカーリーグ

第4節vs駒澤大学 △1-1

第91回関東大学サッカーリーグの第4節が味の素フィールド西が丘で行われた。

前節、ホームで見事な勝利を収めた本学は開幕3連勝で現在リーグ1位だ。このまま調子を落とさずに、今日も勝ち点3を積み上げていきたいところである。
スターティングメンバーは前節から変更はない。

序盤からロングボールを多用し、攻め込んでくる駒澤大に対し、本学はDF・4坂(4年) 、DF・15村松(2年)を中心に安定した守りを見せる。ラインコントロールと競り合いの強さで相手FWに仕事をさせない。

試合は本学がボールを保持し、試合の主導権を握る。

9分には右サイドで得たフリーキックからDF・2柳澤(3年)の折り返しをFW・25大谷(1年)がヘディングをするもキーパーにセーブされる。

12分にはMF・10米田(4年)がドリブルからシュートをするもキーパー正面。

その後も試合は本学ペースで進み、圧倒的なボール支配率で駒澤大のゴールを狙うがなかなか得点が生まれない。

36分には25大谷とのワンツーから中央を突破したMF・14杉田(4年)がシュートするも枠を捉えることが出来ない。

終始、本学がボールを支配し続けたが決定機にはいたらずに前半が終了する。

後半開始早々試合が動く。

後半2分、右サイドのクロスからのシュートを一度は止めるも、こぼれ球を相手に押し込まれ、失点してしまう。

そこから、なかなかセカンドボールをつなげられず、相手の時間帯が続き、我慢を強いられる。

そこで、13分にFW・13浮田(2年)に代わりFW・9松島(4年)、17分にDF・5毛利(4年)に代わりDF・23三國(1年)が投入されると、徐々に本学がペースを掴み始める。

9松島のところでボールが収まり、相手陣地でボールを保持できるようになってきた。

さらに、相手に疲れが見え始め、ディフェンスラインとボランチの間のスペースでボールを受けて前を向けるようになり、仕掛ける回数が増えてきた。

そして遂に、駒澤大の守備を打ち破る。
33分左サイド、23三國の股抜きパスを受けた10米田が左足を振り抜いて、ゴール右隅に決めて試合を振り出しに戻す。

続いて40分左サイド10米田からの斜めのパスを、9松島が中央でトラップしてシュートを打つも、これは決まらない。

さらに本学は最後まで相手ゴールに迫ってシュートを放ち、逆転ゴールを狙うも決めきれず試合は1-1で終了した。

次節は5月13日、専修大学との試合が、千葉県総合スポーツセンターで行われる。

今節で単独首位となったので、次節を勝利で飾り突き放したい。

(文責: 内川弾)

【第91回関東大学サッカーリーグ第3節】VS東京国際大学

5月3日 (水)

第91回関東大学サッカーリーグ

第3節vs東京国際大学 ○ 2-1

 

第91回関東大学サッカーリーグの第3節が順天堂大学さくらキャンパスで行われた。

 

本学のホームということもあり、多くの人々が応援に駆けつけた。前節の逆転勝利の勢いそのままに、ホームのサポーターの前で3連勝を飾りたい。同率1位の東京国際大学を下し、首位に躍り出たいところだ。

 

スターティングメンバーは前節から変更はない。

 

東国大のキックオフで試合が開始された。開始1分、細かいパスで攻め込まれるもその後は本学ペースで試合が進む。

拮抗した状況が続き、14分にMF・10米田(4年) 両チーム通じて初シュートを放つ。16分にも右サイドの崩しからFW・13浮田(2年)シュートを打つもゴールには繋がらない。

お互いに攻撃の糸口が見つからず、シュートまでいくことができない時間が続く。

東国大は本学のディフェンスの裏を狙い、FWにボールを集めて攻め込んでくる。

30分に10米田のドリブル突破からチャンスを生み出した本学は攻撃のスイッチが入り始める。
33分には右サイドをFW・25大谷(1年)とMF・7名古(3年)の関係で突破し13浮田がシュートを打つが、惜しくもキーパーに防がれる。

その後も本学のチャンスは続き、立て続けにシュートを打つもゴールネットを揺らすことは出来ずに前半が終了した。

 

後半立ち上がりから早くも本学がボールを保持しペースをにぎり始める。

しかし7分、東国大にサイド突破でチャンスを作らせてしまう。その後も相手FWにボールが入るがDF・4坂(4年)が体を張って対応する。

そして本学の2トップにボールが入り始めると、左サイドのDF・5毛利(4年)と10米田のサイド突破の回数が増えるが得点にはなかなか繋がらない。

両チーム均衡状態が続く。
16分、本学は13浮田に代わってFW・9松島(4年)

20分に試合が動く。25大谷が左サイドを突破をはかるがボールを奪われたところをすかさず10米田が奪い返しペナルティーエリアに侵入。そこを相手キーパーに倒されPKを獲得し、これを落ち着いてゴール左隅に流し込む。

この得点で東国大の攻撃にスイッチが入り始める。

本学は27分にMF・20室伏(4年)に代わってMF・26望月(1年)が入る。これによりMF・14杉田(4年)がボランチに入り26望月が右サイドに入る。

しかし28分本学がファールをし相手のリスタートから右サイドを崩され、ゴールを許す。

34分、本学は25大谷に代わってMF・8新里(4年)が入る。

本学は落ち着いてディフェンスラインとボランチでポゼッションし両サイドから攻撃をしかけるも東国大は硬い守備からカウンターに繋げてくる。

40分9松島が相手を背負いながら振り向きざまにシュートを放つもキーパーにセーブされる。

しかし42分10米田からのクロスを26望月が頭で合わせてゴール。

その後、相手にあさりがみえるが本学が球際の強さで攻撃を許さない。

アディショナルタイムは4分。

最後まで本学は冷静だった。

このまま試合終了。本学は東京国際大学に2ー1で開幕三連勝を飾った。

 

次節は味の素フィールド西が丘にて、駒澤大学と対戦する。このままの勢いで4連勝したい。
文責:小山 雄勢

【第91回関東大学サッカーリーグ第2節】VS法政大学

4月30日(日)

第91回関東大学サッカーリーグ

第2節 vs.法政大学○2-1

 

第91回関東大学サッカーリーグ戦第2戦が味の素フィールド西が丘で行われた。

 

今シーズン開幕戦を昨年王者の明治大学に2-0で勝利を収め良いスタートを決めたが、今日も勝って開幕2連勝を決めたいところである。

スタメンは前節2ゴールの活躍を見せたFW・11旗手(2年)が怪我のためベンチ外、代わりにルーキーのFW・25大谷(1年)が2トップの1人に入った。あとのメンバーはこちらもルーキーのゴールキーパーのGK・40佐藤(1年)をはじめ、変更はなかった。

 

試合は立ち上がり両者硬さが見えてボールが落ち着かない。
はじめにペースをつかんだのは法政大。左サイドを中心に攻め立てる。6分にスルーパスを受けた相手がシュートを打つも、DF・2柳澤(3年)がブロックする。

一方、本学はツートップのFW・13浮田(2年)と25大谷になかなかボールが入らず、ペースがつかめない。
しかし、MF・14杉田(4年)、MF・7名古(3年)のシュートなど徐々に攻撃の回数を増やし、バイタルエリアでの侵入が多くなってきた本学が少しずつペースを掴み始めた。

前半の終盤、本学はサイド攻撃からチャンスも作り続けるも決め切ることはできず、そのまま前半が終了する。

後半は立ち上がりから本学ペースで進む。4分、13浮田のシュートは枠を外れ、6分には25大谷が相手ゴールキーパーのボールをカットしシュートするもクロスバー、8分にMF・10米田(4年)、DF・5毛利(4年)のワンツーから折り返しを13浮田がミドルシュートを放つもゴール上へ外す。

本学は後半に入ってから10米田、5毛利を中心に左サイドからの攻撃でチャンスを作り、守備は40佐藤、DF・4坂(4年)とDF・15村松(2年)を中心に安定した守りが続く。
しかし、試合は膠着した状態が続く。
そこで、両チーム監督が動く。
法政大が15分、19分と立て続けに選手を代える。
順大も28分にMF・20室伏(4年)に代わり、前節1アシストのMF・26望月(1年)がピッチに入った。
しかし、均衡を破ったのは法政大。
37分、ペナルティーエリアでのラストパスを相手FWがキーパーとの1対1を落ち着いて流しこむ。
そこで本学が動く。
39分に13浮田に代わってFW・9松島(4年)、40分に14杉田に代わってMF・8新里(4年)が入った。
その直後試合が動く。

41分スローインから7名古がボールを受けると左サイドを突破し、10米田につなぎシュート、相手ディフェンダーがブロックし、こぼれ球を8新里がシュート。これがペナルティーエリア内で相手ディフェンダーのハンドを誘いPKをもらった。

そのPKを8新里が落ち着いて流し込み同点に追いついた。
アディショナルタイムは3分。

47分、本学の右サイドでボールを受けた26望月がドリブルで駆け上がりクロスをあげる。クロスを9松島がファーサイドで合わせてゴール。

 

終了間際の劇的ゴールで本学が法政大に2-1で競り勝ち、開幕2連勝を飾った。
今日の試合は交代選手の活躍が光り、選手層の厚さが見受けられる。

 

次節は5月3日、順天堂さくらキャンパスサッカー場にて、東京国際大学と戦う。

このままの勢いで3連勝したい。
(文責:堀野 紘一郎)