【第91回関東大学サッカーリーグ22節】VS筑波大学

11月19日(日)
第91回関東大学サッカーリーグ
第22節vs筑波大学
第91回関東大学サッカーリーグ第21節が味の素フィールド西が丘サッカー場で行われた。
前節、集中応援の中行われた東洋大戦は惜しくも引き分けに終わり優勝を逃す結果となった。最終節はインカレに弾みをつけるためにも勝利を掴みとりたい。
前半は本学ボールでキックオフ。
最初にチャンスを作ったのは本学。
7分、DF・4坂(4年)の持ち出しからのパスを受けた左サイドのMF・10米田(4年)がクロスを上げ、最後はFW・14杉田(4年)がヘディングで合わせるも枠を外れる。
すると早速ゲームが動く。
10分、DF・15村松(2年)からボールを受けたFW・11旗手(2年)がそのまま持ち込んでシュート。これがゴール右隅に決まり本学が先制して1-0。
その後は筑波大が押し込む展開が続く。
15分、左サイドで起点を作った筑波大9番のクロスに14番が頭で合わせるも枠を外れる。
26分、筑波大25番のボール奪取からそのままシュートを打つも4坂がコースを塞ぐ。
30分、筑波大25番のロングフィードから胸トラップした11番がシュートを打つもGK・1佐藤(1年)がセーブする。
31分、筑波大25番のCKから3番がヘディングするもGK正面。
40分、DF・3原田(4年)が負傷退場し、代わりにDF・5毛利(4年)が入る。
42分、左サイドに抜け出した筑波大9番のシュートを一時は1佐藤が弾くもこぼれ球を25番が詰めて本学が失点し、1-1となる。
44分、筑波大15番のアーリークロスから11番が合わせるも1佐藤が弾く。
直後の45分、筑波大25番のCKを5番が合わせて本学が失点し1-2となる。
前半は少ないチャンスを決め先制するも終了間際に立て続けに失点する展開となった。後半は流れを変え、勝利をものにしたい。
HTに本学はFW・13浮田(2年)に代えDF・23三國(1年)を投入する。
後半は筑波大ボールでキックオフ。
後半は序盤から激しい攻防が続く。
3分、筑波大15番の抜け出しから11番がシュートし、ゴールネットを揺らすもオフサイド。
すると8分、本学が同点に追いつく。14杉田のワンタッチパスに抜け出した11旗手がダイレクトシュートを決め2-2とする。
13分、ドリブルで抜け出した筑波大9番を15村松が倒しPKを与えるも、1佐藤が筑波大11番のシュートをセーブする。
ピンチを抜け出した本学は立て続けにチャンスを作る。
14分、CKのこぼれ球をMF・6石上(3年)がミドルシュートを打つも枠を外れる。
18分、MF・7名古(3年)のボール奪取から11旗手がシュートを打つもGKが弾く。
33分、右サイドに抜け出した筑波大13番のパスを受けた25番がミドルシュート。これが左隅に決まり2-3となる。
36分、6石上に代えFW・9松島(4年)を投入し攻撃に変化を加えようとする。
39分、左からのパスを受けた筑波大3番がシュートを打つもGK正面。
42分、筑波大25番のパスから11番がシュート打つも左に外れる。
45+1分、筑波大11番がGKと1対1となるが1佐藤が落ち着いて対応する。
45分+2分、ゴール前の混戦から10米田の落としから5毛利がシュートを打つもGKに弾かれる。
このまま2-3で試合終了。
後半開始早々追いつくものの、筑波大に決勝ゴールを許し惜しくも勝利とはならなかった。
これで関東大学サッカーリーグ全ての日程を終え、残す試合はインカレのみとなった。1年間の集大成としてチーム全体で大会に臨みたい。
文責   松岡 遼太

【第91回関東大学サッカーリーグ21節】VS東洋大学

11月11日(土)
第91回関東大学サッカーリーグ
第21節vs東洋大学
第91回関東大学サッカーリーグ第21節がフクダ電子アリーナで行われた。
前節、見事な逆転勝利を飾った本学。首位との勝ち点差は2のままで、残り2節となり、優勝するには、絶対に負けられない一戦となった。また、本学は集中応援ということもあって、応援のボルテージは最高潮に達した。
前半は本学ボールでキックオフ。
前半立ち上がりはお互い様子を伺いながら拮抗した展開が続く。
前半9分、抜け出した東洋大7番のパスから18番がシュートを打つも枠の外に外れる。
前半11分、右サイドのMF・14杉田(4年)が裏へ抜け出すもシュートを打てず。
前半13分、FW・11旗手(2年)のシュートのこぼれをMF・6石上(3年)がミドルシュートを打つも枠の外へ外れる。
前半15分、左サイドへ抜け出した東洋大10番がクロスをあげるもGK・1佐藤(1年)がこれをキャッチする。
前半17分、中盤でボールを奪った東洋大8番から7番へスルーパスを通すもオフサイド。
前半23分、東洋大18番のスルーパスに抜け出した7番がゴール右下に流し込まれ本学が失点し、0-1となる。
前半25分、FW・13浮田(2年)がシュートを打つもGKが弾く。
続く前半26分、MF・7名古(3年)のCKの混戦から最後は14杉田がシュートを打つも相手DFに阻まれる。
前半31分、相手のパスミスを奪った13浮田がシュートを打つも枠を大きく外れる。
すると、前半38分、右サイドで起点となった14杉田のクロスに11旗手が頭で合わせて1-1の同点とする。
前半45分、13浮田のパスを受けた11旗手がシュートを打つもGKがキャッチする。
前半はなかなかペースをつかめず、ミスが目立つ本学。逆に東洋大に先制され、押し込まれるシーンが多かったが、なんとか同点に追いつくことができた。後半は流れを変え、決勝点を決めたい。
後半は東洋大ボールでキックオフ。
後半2分東洋大に決定機。
MF8番が右サイドを崩しシュートを放つがクロスバーに直撃する。
後半4分、本学のパスミスから相手FW10番が1対1を冷静に決め本学が失点し1-2となる。
後半6分、13浮田→FW・9松島(4年)
後半7分、7名古のCKからDF・4坂(4年)が合わせるもキーパーにキャッチされる。
後半10分、6石上→MF・5毛利(4年)
本学がボールを支配し攻撃をするも得点には繋がらない時間が続く。
後半22分、7名古のCKから9松島が合わせるも枠を外れる。
後半28分、本学に決定機。
4坂からのロングフィードから抜け出した11旗手がラストパスをMF・10米田(4年)に出しシュートを放つも枠を外れる。
後半31分、14杉田→MF・8新里(4年)
後半32分、8新里のスルーパスに抜け出した11旗手がシュートを打つもキーパーに阻まれる。
すると、後半33分本学が同点に追いつく。7名古のCKの混戦から11旗手がボレーシュートをきめ2-2とする。
後半45+1、左サイドの10米田から9松島にパスを送り最後は7名古がシュートを放つもキーパーに阻まれる。
このまま2-2で試合終了。
次節は11月19日(日)に筑波大学と味の素フィールド西が丘競技場で行われる。
前半なかなかペースをつかめかったものの、後半は相手ゴールに何度も迫るも決勝点を奪うことはできずドローで試合終了。この結果により、本学の2位が決定。次節は優勝した筑波大学との戦い。インカレに向けて、また残り少ない今シーズンの試合に向けて、チーム一丸となって勝利したい。
文責  渡邉 亮太

【第91回関東大学サッカーリーグ20節】VS法政大学

11月4日(土)
第91回関東大学サッカーリーグ戦
第20節vs法政大学
第91回関東大学サッカーリーグ戦第20節がShonan BMWスタジアム平塚にて行われた。
前節、専修大に試合終了間際の勝ち越し点で辛くも勝利したため、首位筑波大との勝ち点差を2のままにキープしている。最終戦で筑波大より勝ち点を1つでも上に行くためには負けられない一戦である。
前半は法政大学ボールでキックオフ。
前半2分MF・10米田(4年)が左サイドを突破しクロス。FW・11旗手(2年)に合わせるがシュートまでいけず。
前半3分11旗手からのスルーパスに抜け出したFW・13浮田(2年)がペナルティーエリア右からシュートを狙うがキーパーに弾かれる。
前半13分法政大のコーナーキック。
法政大、左からのコーナーキックをファーサイドで20番が合わせゴールネットを揺らすがこれはファールの判定。ノーゴールとなる。
前半15分MF・7名古(3年)が10米田とのワンツーから左サイドを突破しシュートするがこれは法政大キーパーにセーブされる。
前半16分本学初めてのコーナーキックは相手にクリアされる。
前半21分11旗手が左サイドで倒されフリーキック。7名古のフリーキックにDF・坂(4年)が合わせるがこれはキーパーの正面。
前半23分法政大8番が右サイドからカットインドリブル。中央にいた20番にスルーパスを送るがカバーに入っていたDF・2柳澤(3年)がクリア。
前半24分法政大8番からのアーリークロスを4坂が足を伸ばしクリア。
前半26分法政大22番の右からのクロスを20番がファーサイドで合わせ得点。法政大が先制し0-1。
前半27分スルーパスに抜け出した法政大9番がゴールに迫るがDF・3原田(4年)のカバーでシュートまで行けず。
前半29分MF・6石上(3年)のスルーパスを受けたMF・14杉田(4年)がアーリークロス。これに抜け出した13浮田がゴールを狙うが枠を外れる。
前半31分ペナルティーエリア中央をドリブルした2柳澤が相手を引きつけ左サイドにいた11旗手にパス。これを11旗手が左足で落ち着いて決め本学が1-1の同点に追いつく。
前半34分4坂からのパスを受けた3原田が持ち上がりシュート。法政大DFに当たり本学この日2本目のコーナーキックを得る。
前半38分6石上の縦パスを受けた11旗手が13浮田とワンツーで突破するがキーパーが飛び出しシュートまで行けず。
前半39分3原田が左サイドを突破しクロスを入れるがクリアされる。
前半40分ペナルティーエリア斜め左で13浮田が倒され得たフリーキックを7名古が狙うがゴールは枠を少し外れゴールならず。
前半43分法政大DFのパスをカットした11旗手がシュートまで行くが法政大キーパーがセーブ。
前半44分コーナーキックのこぼれを7名古がクロスを入れる。13浮田がヘディングで合わせるが枠を外れる。
前半45分ロングボールに反応した法政大20番の落としを9番が受け、右足でゴールを狙うがGK・1佐藤(1年)がしっかりとキャッチ。
前半のアディショナルタイムは1分。
前半は1-1の同点のまま終了。
前半の序盤ば本学ペースで幾度も決定機を作るもなかなか決められず。対する法政大の一瞬の隙を突いた攻撃で失点し拮抗した前半となった。
後半はしっかりとした守備から早い時間帯に決定機を物にし、余裕を持ちながら試合を進めていきたい。
15:00、本学のボールで後半キックオフ。
後半1分法政大が8番からのスルーパスで右サイドの突破を試みるがゴールラインをわる。
後半3分法政大8番からのスルーパスを9番が中央で反応するが飛び出した1佐藤がクリア。
後半4分11旗手の中央での突破を法政大DFがクリア。こぼれたボールに10米田が反応するもキーパーが飛び出しシュートならず。
後半5分法政大11番のペナルティーエリア外からのミドルシュートが1佐藤の頭上を越えゴールに吸い込まれる。1-2で法政大が勝ち越す。
後半10分本学がこの試合最初の交代カードを切る。13浮田に代わりFW・9松島(4年)が投入される。
後半12分14杉田が11旗手とのワンツーで右サイドの突破を試みるが法政大DFに体を入れられゴールラインを割る。
後半14分本学が法政大ゴールキーパーの遅延行為によりペナルティーエリア内で間接フリーキックを得る。これにより法政大GKイエローカード。このフリーキックのこぼれに反応した2柳澤が法政大DFをかわしクロス。ファーサイドで9松島がヘディングで合わせるが、法政大DFにクリアされる。
後半16分本学がこの日2枚目の交代カードを切る。14杉田に代わりDF・5毛利(4年)が投入される。
後半17分左サイド9松島のクロスは法政大DFがクリア。
後半20分左サイドを10米田がドリブル。法政大DFに当たりコーナーキックを得る。
後半20分コーナーキックは法政大DFが触り再び本学のコーナーキック。
後半21分本学右サイドからのコーナーキックを9松島がダイレクトボレーで合わせ得点。本学が2-2の同点に追いつく。
後半22分11旗手のパスを受けた2柳澤がクロス。5毛利がニアサイドで合わせるが法政大DFに当たりコーナーキックを得る。
後半24分法政大が2枚の交代カードを切る。13番に代わり10番が投入される。11番に代わり23番が投入される。
後半26分法政大、中央にいた9番からのパスを右サイドで受けた8番がクロスを入れるが中で競り合っていた法政大20番がファール。
後半29分法政大右サイド8番からのロングボールをDF・15村松(2年)がクリアミス。法政大9番がボールを拾い、左サイドにいた20番へパス。カットインからのシュートを狙うが1佐藤がしっかりとセーブ。
後半32分法政大がこの日3枚目の交代カードを切る。20番に代わり18番が投入される。
後半33分10米田が左サイドの突破からクロス。中央で9松島が体を入れスルー。後ろから入ってきた5毛利がファーストタッチからシュートを狙うが法政大DFにクリアされる。
後半35番6石上からのスルーパスに11旗手が抜け出すがこれはオフサイドの判定。
後半35分本学がこの日3枚目の交代カードを切る。6石上に代わりMF・8新里(4年)が投入される。
後半37分法政大DFのボールを奪った10米田がゴール前まで持ち運び、横パスを受けた5毛利がワンタッチで9松島に流す。これをスルーしファーサイドで待っていた11旗手がこの日2点目のゴールを決める。これにより本学が3-2で逆転。
後半38分法政大8番がロングボールに抜け出し、シュート。1佐藤に当たりこぼれたボールをカバーに入っていた15村松がクリア。
後半のアディショナルタイムは4分。
後半46分法政大がコーナーキックを得る。
このコーナーキックは15村松が体を投げ出してクリア。
試合終盤、法政大がロングスローやロングフィードで本学ゴールに迫るが、本学選手全員が体を張った守備でゴールを許さず、3-2のまま試合終了。
最後まで集中を切らさず粘り強く戦い抜いた本学がリーグ戦優勝に向けて大きな勝ち点3を獲得した。
次節は、11月11日に、フクダ電子アリーナにて東洋大学との試合が行われる。最終節、筑波大との優勝を決める一戦にするために確実にものにしなくてはいけない。ここ何試合かのような粘り強く、勝ちきるサッカーを次節もしていきたい。
またその日は集中応援の日でもある。多くの人が本学が勝つ瞬間を見たいと思っているだろう。そのためにも、優勝への望みをつなぐためにも負けられない一戦になる。チーム全体で勝つための準備をし、再び勝ち点3を積み上げたい。
文貴  望月 陸