【第92回関東大学サッカーリーグ3節】VS桐蔭横浜大学

4月29日(日)
第92回関東大学サッカーリーグ
第3節vs桐蔭横浜大学○3-0
今日の試合はしっかりと勝って、天皇杯予選の負けを払拭し、リーグ戦は開幕3連勝として勢いに乗りたいところである。
前半は桐蔭大ボールでキックオフ。
開始からボールを保持した本学は2分、FW・9浮田(3年)のスルーパスにMF・10名古(4年)が抜け出しシュートを放つが惜しくも外れる。
13分、今度はMF・24白井(1年)のスルーパスにMF・12大谷(2年)が抜け出すも、キーパーに阻まれる。
18分、左サイドを崩した本学は、12大谷のクロスに24白井が合わせるが惜しくもバーの上に外れる。
対する桐蔭大は20分にCKでチャンスを作るが、本学はしっかりとクリアして対応する。
28分の桐蔭大、右サイドを突破してシュートを放つが、本学GK・1佐藤(2年)がセーブする。
一方的に本学がボールを保持してチャンスを伺う展開が続くがなかなか決定的なシーンを作れない。
それでも30分、FW・11旗手(3年)が左サイドを抜け出しループシュートを放つもボールは枠外へと外れる。
40分にはMF・6石上(4年)のロングパスを受けた12大谷がドリブルで切れ込みシュートを放つもゴール右に外れる。
このまま前半は0-0で終了。ボールを支配して攻める本学と引いて守る桐蔭大という展開の前半であった。
後半は本学のボールでキックオフ。
最初のチャンスは桐蔭大で2分、右サイドからカットインして左足でシュートを打つが枠外へ外れる。
5分には本学24白井の裏へのボールに11旗手が反応するも相手GKが素早い飛び出しで対応する。
すると7分、本学に先制点が生まれる。右CK、MF・10名古(4年)のボールに9浮田がヘディングシュート。ボールはライン上で相手GKが止めたように見えたがゴールの判定で1-0とする。
これで勢いに乗った本学は、立て続けに攻め込む。
12分、右サイドを24白井と11旗手で崩すと、最後は24白井が中へ切り込み左足を振り抜く。これが決まって2-0とリードを広げる。
続く13分、11旗手が中央突破からゴールに流し込み、一気にスコアを3-0とする。
その後も攻め手を緩めない本学は15分、11旗手のシュートのこぼれ球に12大谷が詰めるが惜しくもゴール左に外れる。
19分には12大谷のスルーパスに反応した9浮田が左足でダイレクトシュートを放つも相手GKが触りクロスバーに阻まれる。
このプレーで得た左CKのこぼれ球を拾った11旗手がミドル、そのこぼれ球に9浮田が詰めるもGK正面。
その後も怒濤の攻撃を繰り返すが、なかなか追加点が奪えない。
一方でピンチになりそうな場面も時折あるが、DF・4村松(3年)を中心とした的確なラインコントロールでしっかりと対応する。
その後本学は、32分9浮田に代えてMF・26新関(1年)を、39分には12大谷に代えてMF・7杉山(2年)、40分にはDF・20上野(2年)に代えてDF・13尾崎(2年)を投入し、隙のない試合運びをみせる。
後半のアディショナルタイムは3分。
最後に24白井が中央突破からシュートを放つがゴール左に外れる。
大きなピンチも迎えず、このまま3-0で試合終了。勝ち点3を獲得した。
次節は5月3日(木)11:30より柏の葉公園総合競技場にて東京国際大学
と対戦する。
これからの連戦でさらに連勝していけるようまたチーム全体で準備をしていきたい。
文責:加賀谷 槙

【千葉県サッカー選手権大会 準決勝】VS VONDS市原FC

4月22日(日)
天皇杯 第98回全日本サッカー選手権大会千葉県予選vs VONDS市原
天皇杯 第98回全日本サッカー選手権大会千葉県予選が柏の葉公園総合競技場にて行われた。前回国際武道大学に3-2と勝利し、その勢いを継続しながらこの試合も勝利したいところだ。
14:00 本学のボールでキックオフ。
前半3分 本学中盤でボールを奪われゴール前まで運ばれるが、DF・4村松(3年)がカバーに入る。
前半5分 MF・26新関(1年)が右サイドを突破しクロスを上げるが中と合わず。
前半5分 本学左サイドをワンツーで突破されクロスを上げられるが、DF・13尾崎(2年)がクリア。
前半7分 背後に抜け出したFW・23長倉(1年)が右からマイナスのパスを送り、FW・11旗手(3年)がシュートを放つがクロスバーを超える。
前半9分 左サイド突破されクロスを上げられ、中にいたVONDSのFWにシュートを打たれるが、GK・1佐藤(2年)がセーブしピンチを防ぐ。
前半13分 11旗手が左サイドをドリブル。斜めに走り込んだ23長倉からファーへクロスを上げるがクリアされる。
前半14分 本学この試合初のCKはクリアされる。
前半22分 ウォーターブレイク
前半26分 VONDSこの試合初のCK。
前半26分 VONDS2番がCKをファーサイドで合わせ先制。0-1
前半28分 VONDSスルーパスに抜け出したVONDS11番がシュートを打つがこれはオフサイドの判定。
前半29分 MF・7杉山(2年)のアーリークロスに抜け出した旗手がゴールを決めるもこれはオフサイドの判定。
前半30分 MF・10名古(4年)が警告。
前半33分 本学左サイドをドリブルされるが、DF・22長谷川(1年)がクロスを上げさせない。
前半34分 VONDS2本目のCKからのシュートはクロスバーを越える。
前半36分 MF・6石上(4年)からのスルーパスに抜け出した10名古がシュートを放つが惜しくも枠を外れる。
前半39分 右サイドをワンツーで突破したDF・2柳澤(4年)がクロスを上げるがニアサイドでクリアされる。
前半39分 本学2本目のCKのこぼれを拾った11旗手がミドルシュート。これが決まり本学が同点に追いつく。1-1
前半40分 本学左サイドを突破されクロスを上げられ中にいた9番にボレーシュートを打たれるがこれは枠を外れる。
前半43分 VONDSのスルーパスに抜け出した9番がシュートを放つが枠を外れる。
前半のアディショナルタイムは1分。
前半終了。
前半はポゼッションをしながら11旗手を中心に相手ゴールを狙う本学に対し、9番34番をターゲットとした長いボールで攻撃をしてくるVONDS。互いにいくつかチャンスを作りながらも決められず1-1で前半を終える。
後半はチャンスをものにして逆転をしたいところだ。
15:02 VONDSボールで後半キックオフ。
後半1分 本学右サイドを少ないタッチで崩し、2柳澤が低いクロスを上げるが惜しくも中で合わせられずVONDSのゴールキックとなる。
後半3分 中央を突破した11旗手がシュートを放つがブロックされ、こぼれ球を26新関がシュートを放つが枠を外れる。
後半9分 ロングボールに抜け出しVONDS34番がCKを得る。
後半11分 VONDS左サイドからのFK。これは1佐藤がキャッチ。
後半14分 本学が1枚目の交代カードを切る。
23長倉に代わり、FW・9浮田(3年)が入る。
後半15分 中央でボールを受けた9浮田がシュートを放つが枠を外れる。
後半15分 VONDSが1枚目の交代カードを切る。15番に代わり、8番が入る。
後半17分 VONDS、中央やや遠い位置からのFKは大きく枠を外れる。
後半19分 6石上のミドルシュートはクロスバーを越える。
後半21分左サイドを崩したVONDS10番がミドルシュートを放つがクロスバーを越える。
後半23分 ウォーターブレイク
後半28分VONDS11番が左サイドを突破しクロスを上げ、ファーで合わせるがシュートはミートせず。
後半29分VONDSが2枚目の交代カード切る。9番に代わり、19番が入る。
後半32分 10名古が中央をドリブルで仕掛けシュートを放つが枠を外れる。
後半33分 本学が2枚目の交代カードを切る。7杉山に代わり、3三國が入る。
後半39分 本学ペナルティエリア内でのパスミスを奪われこれをVONDS8番に決められる。1-2
後半41分VONDSが3枚目の交代カードを切る。34番に代わり、17番が入る。
後半41分 本学が3.4枚目の交代カードを切る。26新関に代わり、MF・12大谷(2年)。13尾崎に代わり、DF・15鈴木(3年)が入る。
後半44分 左サイド15鈴木からのクロスをファーで3三國が合わせるも惜しくも枠を捉えられない。
後半45分本学が立て続けにCKからゴールを狙うもなかなか枠を捉えられない。
後半のアディショナルタイムは4分
後半アディショナルタイム 本学はロングボールを中心にVONDSゴールに攻めるが跳ね返されてしまう。
後半終了。
本学1-2でVONDSに敗れる。
先制されながらも同点に追いつく展開に持ち込めたのはこの試合の収穫の1つだろう。さらに試合終盤まで集中力を切らさずプレーできればよい結果になっていたのかもしれない。トーナメント戦という難しい試合をどう戦って行くかが今後の課題にもなるであろう。次週から再開するリーグ戦に向けて気持ちを切り替えやって行くことが重要だ。
文貴 望月陸  赤澤連

【第92回関東大学サッカーリーグ2節】VS専修大学

4月14日 (土)
第92回関東大学サッカーリーグ
2節 vs専修大学 ○ 2-0
第92回関東大学サッカーリーグの第2節が東金アリーナ陸上競技場で行われた。スターティングメンバーは前節と変わらず、開幕戦の勢いのまま今節も勝利を目指す。
試合が始まり本学がボールを支配するもリズムが悪く、ゴール前まで迫ることができない展開が続く。前半20分までシュートを打つことができず徐々に攻め込まれる。サイドから攻める専修大の攻撃に対し、本学は4・村松(3年)を中心に集中した守備を見せる。
43分に6・石神(4年)が高い位置でインターセプトをすると、左に展開。23・長倉(1年)のクロスを9・浮田(3年)が胸トラップからの左足ボレーをゴールネットに突き刺し、先制する。
立て続けに前半終了間際の45分。2・柳澤(4年)がインターセプトしたボールをダイレクトで抜け出した11・旗手(3年)にパス。11旗手がキーパーとの一対一を冷静に左に流しこみ追加点を決めたところで試合を折り返す。
後半は立ち上がりから攻め込まれ、苦しい時間が続いた。強風の影響もあり、コーナーキックからピンチを迎える。追加点を狙いたいが攻撃になかなかリズムが生まれない。
後半25分に23長倉に代わり3・三国(2年)が入る。
41分には26・新関(1年)に代わり15・鈴木(3年)47分に9浮田に代わり12・大谷(2年)が投入され専修大の攻撃を凌ぎきり2-0で勝利した。
難しい試合展開だったが無失点で勝利することができた。次節は4月29日(日)Shonan BMW スタジアム平塚にて桐蔭横浜大学と対戦する。開幕3連勝を目指したい。
文貴 内川弾

【第92回関東大学サッカーリーグ1節】VS東洋大学

4月8日(日)
第92回関東大学サッカーリーグ
第1節vs.東洋大学○4-0
第92回関東大学サッカーリーグ戦第1戦が味の素フィールド西が丘で行われた。
今シーズンの開幕戦ということで、優勝を目指す本学としては、勝利してスタートダッシュを決めたいところである。
前半は本学ボールでキックオフ。
序盤は、両チーム開幕戦ということもあり、ボールがなかなか落ち着かない硬い展開となる。
徐々に東洋大がペースをつかむと、15分東洋大は右サイドからのクロスをFWが合わせるがGK・1佐藤(2年)がゴールラインギリギリでかき出す。
その後も東洋大が立て続けにチャンスを作るが本学もなんとか耐える。
なかなかゲームをコントロールできない本学だが、一発のチャンスをものにする。
25分、右サイドMF・26新関(1年)のピンポイントクロスにMF・23長倉(1年)が頭で合わせ、本学が先制する。
これでリズムをつかんだ本学は29分、右サイドをDF・2柳澤(4年)とFW・9浮田(3年)で崩し、最後はFW・11旗手(3年)が左足でゴールを狙うが惜しくもゴール右に外れる。
その後は東洋大も持ち直し、一進一退の攻防が続く。
すると前半終了間際の40分、ルーズボールを26新関がすらし、11旗手が抜け出しシュートを放つも、ゴール左に外れる。
その後、東洋大もボールを繋ぎゴールに迫るも、本学DF陣がしっかりと守り、1-0で前半を終えた。
後半は東洋大ボールでキックオフ。
立ち上がりは、互いにボールを保持しチャンスの糸口を伺う展開が続く。
すると14分、9浮田のシュートで得た右CKを得る。そのCKの混戦を最後はDF・13尾崎(2年)が押し込み2-0とする。
続く16分には11旗手のシュートのこぼれ球を9浮田がきっちり決めてさらにリードを広げる。
反撃に出たい東洋大も24分、右サイドからのクロスでゴールに迫るがゴール左へ流れる。
対する本学は左サイドを崩した流れからMF・6石上(4年)がミドルシュートを狙うもクロスバーに弾かれる。
27分本学は26新関に代えてDF・3三國(2年)を投入する。
するとこの采配が的中する。
31分本学は右サイドを2柳澤、3三國で崩し、最後は11旗手がゴールに突き刺しリードを4-0に広げる。
そしてその直後本学は9浮田に代えてFW・12大谷(2年)を投入する。
終了間際の45分本学は6石上に代えて、MF・25小川(1年)を投入して試合を締めにかかる。
東洋大も選手を代えて反撃を仕掛けたが、本学は最後まで集中を切らさず、そのまま4-0で試合終了。見事開幕戦で勝ち点3を獲得した。
次節は4月14日(土)14:00より東金アリーナ陸上競技場にて専修大学と対戦する。
この勢いを持って開幕二連勝できるよう、チームとしてしっかりと準備をしたい。
文責:加賀谷 槙