【リーグ第1節】vs日本体育大学

 

第90回関東大学サッカーリーグ 第1節 vs 日本体育大学 ○1-0

IMG_4154

4月3日(日)

第90回関東大学サッカーリーグ戦の初戦が中台運動公園陸上競技場で行われた。

堀池監督が就任して2年目である今シーズンは私たちの真価が問われる年でもある。

本日はその大事な初戦であった。

今シーズンより応援もスタートさせ、今まで以上にチーム一丸となって試合に臨む。

IMG_4098

 

本学は4-4-1―1の布陣で臨んだ。

前半立ち上がり攻勢に出たのは日本体育大学。前半3分左サイドをドリブルで突破されクロスをあげられるがDF・2坂(3年)がクリア。6分左サイドからあげられたクロスに頭で合わせられシュートを打たれるもこのシュートはバーの上。押し込まれる場面が続いたが本学も反撃に出る。8分右サイドMF・6原田(3年)からのクロスに名古が合わせシュート。これは相手GKの正面。11分ゴール前でMF・15石上(2年)からパスをもらったMF・11米田(3年)が折り返し、FW・27浮田(1年)がシュートを打つもゴール上に外れる。27分DF・5毛利(3年)からの縦に早いスルーパスに米田が抜け出しクロス、浮田が足で合わせたシュートは相手GKがストップ。左サイドを起点にチャンスを作るものの決定的なシーンを作ることができない本学。徐々に試合の主導権を日本体育大学に握られる。34,38分と日本体育大学がゴール前でのFKを獲得。どちらともシュートを打たれる前にクリアするも押し込まれる時間が続く。41分中盤からのスルーパスに抜け出した日本体育大学17番が1対1の場面をつくるも坂がなんとか体をよせシュートはミートせず難を逃れる。43分には日本体育大学7番があげたクロスはフリーの17番にわたり決定的な場面を作るもDF・31村松(1年)が間一髪で対応しクリア。本学にとっては我慢する時間が続いた前半であった。

 

後半開始早々にチャンスを作ったのは本学。5分日本体育大学のCKから毛利がボールを持ち出しカウンター。村松から横パスをもらった米田が中に切り込んでシュートを放つも相手DFが体を張ってブロック、そのこぼれ球を石上が押し込むもシュートはゴールを捉えることができない。8分左サイド米田のドリブル突破からのクロスにあわせたのはFW・7名古(2年)、シュートは相手DFに阻まれるもCKを獲得。このCKに原田が頭で合わせるもシュートはわずかにはずれる。日本体育大学も反撃にでる。10分17番がスルーパスに抜け出しドリブルで仕掛けるがここは村松が体を張った対応でシュートまでは行かせない。13分2番からのクロスを坂がクリア、そのボールを7番がダイレクトで合わせるもGK・21中村(3年)がキャッチ。

14分待望の得点が生まれる。毛利からパスを受けた米田が相手をひきつけ裏にスルーパスこれに反応した毛利がドリブルで仕掛けペナルティエリアでファールをもらいPKを獲得。これを毛利自身が決めて1‐0、ベンチ,スタンドで応援している部員が待ち望んでいた得点だった。

IMG_4527

先制点をあげたDF5毛利(3年)

先制点をいれた本学は試合の流れを引き戻し攻勢にでる。25分名古とのワンツーから米田がシュート。29分MF・8新里が蹴ったFKのこぼれ球を毛利がシュート。攻め込んでいた本学であったがここから日本体育大学の反撃が始まった。31分FKから5番が折り返して7番がシュート。このシュートGK中村がファインセーブ。35分FKから10番がボールをおさめてシュートするもバーの上。45分ショートコーナーからクロスをあげられて10番が頭で合わせるもゴールにはならず。日本体育大学の猛攻にGK中村を中心としたDF陣が体を張ったプレーで得点を許さず1‐0で勝利することができた。

IMG_4403

この試合のMOMに輝いたGK21中村

 

試合後スタンドで大きな声を出し選手たちにエールを送り続けた部員たちと共に勝利を喜んだ。

IMG_4755

 

次節4月9日の早稲田戦に向かってチーム一丸となって良い準備をしていきたい。

(文責:3年 佐久間幸一, 写真提供:市川朋香)

 

 
« 一覧ページへ戻る