【リーグ第2節】vs早稲田大学

第90回関東大学サッカーリーグ 第2節 VS 早稲田大学 ●1-2

IMG_4876

4月9日(土)

第90回関東大学サッカーリーグの第2節が味の素フィールド西が丘にて行われた。

初戦に勝利した本学は強豪である早稲田大学に勝利して勢いに乗りたいところである。

本学のキックオフで始まったこの試合、序盤攻勢に出たのは早稲田。前線からのプレスとロングボールを多用した攻撃で本学を押し込む。一方、本学はビルドアップの糸口が掴めず、自分たちの思うようなサッカーをすることができない。しかし、しだいにペースを掴んできた本学は12分、MF・6原田(3年)のパスを右サイドで受けたFW・7名古(2年)が中央へドリブルしシュートを打つもこれはキーパー正面となりゴールには至らず。本学のペースで試合は続くが、一瞬の隙を突かれてしまう。18分、相手8番がそらしたボールに相手17番が反応し、ドリブルで持ち込み左足でループシュート。GK・21中村(3年)が触るもボールはゴールネットを揺らし0-1となる。

しかし順大もすぐさま反撃に出る。24分、MF・11米田(3年)がペナルティーエリアまでドリブルで持ち込みスルーパス。これにFW・27浮田(1年)が抜け出し、右足で押し込み同点とする。これで勢いに乗った本学は32分、ハーフウェーラインから米田がドリブルで持ち込み右足シュートを放つも枠を外す。さらに45分、浮田が名古とのパス交換で抜け出し左足でシュートを放つも左へ外れる。ここで前半が終了。

IMG_5211

同点ゴールを決めたFW27浮田(1年)

後半最初にチャンスを作ったのは早稲田。59分、相手7番のペナルティーエリア付近からの直接フリーキックは中村がセーブ。一進一退の攻防が続く。62分、DF・5毛利(3年)が左サイドからドリブルで運びミドルシュートを放つも右へ外れる。66分、相手7番のフリーキックのこぼれ球に相手17番が反応しシュートを放つもラインギリギリで本学がクリア。徐々に早稲田ペースとなりつつあった。69分、相手7番のドリブル突破からのパスを受けた相手9番が冷静にゴール左へ流し込み勝ち越しを許す。本学は71分、74分にMF・33藤田(1年)とMF・28旗手(1年)を立て続けに投入し攻勢に出る。

IMG_5245

途中出場のMF33藤田(1年)

 

IMG_5259

途中出場のMF28旗手(1年)

すると78分、名古のコーナーキックからDF・2坂(3年)がヘディングで合わせるもキーパー正面となり同点ゴールのチャンスを活かすことができない。試合終盤になり、早稲田は引き、本学が押し込むという展開が続く。85分、相手のクリアミスを名古が拾いミドルシュートを放つも大きく上へ外れる。最後まで押し込んだ本学であったが同点ゴールを奪うことができず試合終了。1-2で敗戦となった。

 

IMG_5430

この敗戦を引きずることなく次節への準備を一週間続けていきたい。

 

(文責:3年 佐藤時生, 写真提供:市川朋香)

 
« 一覧ページへ戻る