【第91回関東大学サッカーリーグ第11節】VS東洋大学

6月25日(日)

第91回関東大学サッカーリーグ

第11節vs東洋大学3-2◯

第91回関東大学サッカーリーグ戦第11節が岩名運動公園陸上競技場で行われた。

前節の慶應大学戦では惜しくも引き分けてしまった本学、前期最終節で首位に一歩近づくために負けられない一戦となった。

 

前半は本学ボールでキックオフ。

試合開始から本学が流れをつくり、前半1分望月がクロスを上げるがMF・25大谷(1年)には合わず。

すると、1分MF・26望月(1年)のクロスにFW・11旗手(2年)が右足で合わせ、サイドネットへ突き刺した。

3分本学に決定機、11旗手のスルーパスからFW・14杉田(4年)が抜け出し、キーパーと一対一になったが、キーパーに阻まれる。

4分立て続けにゴールに襲いかかる。14杉田のサイドチェンジから26望月がサイドを突破しシュートを打つもキーパーの正面。

6分DF・15村松(2年)のロングフィードのこぼれ球を14杉田が左足でミドルシュートも枠を外れる。

東洋大も徐々にペースを握り、8分左サイドから仕掛けるもDF・4坂(4年)がブロック。

9分東洋大に決定機。スルーパスから抜け出し、キーパーと一対一になるがGK・30佐藤(1年)が抜かれるもDF・2柳澤(3年)がスライディングでブロック。

12分2柳澤のスルーパスから26望月が右サイドを抜け出し、クロスを上げ、11旗手がニアで合わせるも惜しくもキーパーの正面。

19分相手DFのロングフィードから相手FWが抜け出しキーパーと一対一になるもシュートは枠を外れる。

20分左サイドを崩されクロスを上げられるも4坂がクリア。

一進一退の攻防で拮抗した状態が続く。

28分MF・7名古(3年)とのワンツーから抜け出した14杉田がゴール前で待つ11旗手にラストパス、11旗手が落ち着いてゴール左に流し込み、本学追加点。

33分東洋大に決定機。中盤からスルーパスで相手FWが抜け出しミドルシュートもわずかに枠を外れる。

34分左サイドを崩し抜け出した25大谷がクロスを上げ11旗手がヘディングで合わせるも枠の外に外れる。

36分東洋大がコーナーキックを蹴るが4坂がクリア。

41分カウンターから右サイドを抜け出した26望月がアーリークロスを上げ、そのこぼれ球7名古がボレーシュートを打つが惜しくも枠の外に外れる。

43分ロングフィードから抜け出した相手FWがクロスを上げチャンスを作るも2柳澤がクリア。

試合立ち上がりからリズムでつくり、優位に試合を進め2得点を挙げ、いい形で前半を終えた。

 

後半は東洋大ボールでキックオフ。

開始早々14杉田のパスカットから11旗手がミドルシュートもゴール上に外れる。

6分相手フリーキックからチャンス作られるも体を張って防ぐ。

7分14杉田がドリブルで中央を突破しそのままミドルシュートを打つも枠を外れる。

9分徐々に東洋大がボールを持ち出すと、左サイドを崩されクロスを上げられるが、15村松がクリア。

10分ショートパスで右サイドを崩し26望月がクロスを上げるも惜しくも相手にクリアされる。

10分立て続けにコーナーキックから4坂が頭で合わせ、11旗手が触りゴールネットを揺らし、ゴールかと思われたがオフサイドの判定。

12分26望月が上げたクロスがペナルティーエリア内で相手の手にあたりPKを獲得する。
そのPKを26望月が自ら落ち着いて決め、3-0とする。

18分本学は25大谷に変えてMF・10米田(4年)を投入する。

22分左サイドからクロスを上げられるが26望月がクリア。

24分相手フリーキックのシュート性のクロスがそのままポストにあたりゴールに入ってしまい、失点。

27分本学はMF・6石上(3年)に変えてMF・8新里(4年)を投入。

32分本学DF・3原田(4年)からDF・23三国(1年)へ選手交代。

37分本学のパスミスが続きチャンスを作られ、右サイドからクロスを上げられヘディングでシュートされるが枠の外に外れる。

40分左サイドからクロスを上げられボレーシュートを打たれるも枠の外に外れる。

42分中央からスルーパスを出され、走り込んだ相手FWが触りゴールに吸い込まれ失点。

アディショナルタイムは4分と長かったもののなんとか逃げ切り3-2で試合終了。

 

前半は自分達のサッカーでペースを握り、得点に繋げられたものの、終盤は1点差に詰め寄られ防戦一方の展開になったが、全員で体を張って守り、勝ち点3を勝ち取った。

 

前期最終節を勝利で飾ることができ、いい形で前期を終わらせることができたので、後期もこの勢いのまま首位奪取に向けてチーム一丸となって頑張っていきたい。

 

 

(文責:吉田圭吾)

 
« 一覧ページへ戻る