【第91回関東大学サッカーリーグ第14節】VS明治大学

10月1日(日)

第91回関東大学サッカーリーグ

第14節vs明治大学3-2○

第91回関東大学サッカーリーグ第14節が岩名運動公園陸上競技場で行われた。

 

前節劇的に勝利した本学は、勢いのままに勝ちたい所である。

前半は、明治大学ボールのキックオフ。

前半5分、この試合最初のコーナーキック。

本学はピンチを迎えるが、ゴールキックへ。

前半9分、10米田4年のキックが相手に当たり試合が一時中断。

前半10分選手交代明治大学2→13

前半序盤本学はビルドアップをしながら明治大学ゴールへ迫り、明治大学は縦に速い

サッカーでゴールへ迫るが、お互い得点できず拮抗した展開。

前半21分相手シュートは大きく枠を外れる。

前半24分相手に中盤を崩されDFとMFの間でフリーを作られ、ミドルシュートを打たれるも枠を外れる。

前半27分サイドからのフリーキックも1佐藤(1年)がパンチング。

前半30分相手のドリブルをファールで止めて6石上(3年)が注意を受ける。

前半36分本学コーナーキック。7名古(3年)のキックからゴール前の混戦から5毛利(4年)がシュートも相手GKに阻まれる。

前半終盤は本学がボールを保持しやや本学ペースで試合が進む。

前半のアディショナルタイムは4分。

前半44分ロングボールから10米田が抜け出しキーパーをかわし、折り返しを11旗手(2年)が流し込み本学が先制。

前半47分旗手のドリブルでサイドを突破し折り返しを名古がシュートもキーパーに阻まれる。

前半は序盤から中盤にかけて試合が動かない状況が続いたが、終盤に本学がボールを

支配し押し込む時間が長くなり先制点を取った。このいい時間を後半も続けたい。

 

前半の貴重な1点を活かし、リードした勢いのまましっかりと勝ち点3を取りきりたい本学。
ハーフタイムを終え、15:00、本学ボールで後半キックオフ。

後半2分、後半最初のコーナーキックは明治大学。本学が危なげなく退ける。

後半9分、本学、後半最初のコーナーキック。7名古のキックは相手DFに跳ね返される。こぼれ球をシュートするも枠を捉えることができない。

後半10分、明治大学の素早い攻撃に意表を突かれ、同じ形で決定的なピンチを立て続けに作られるが相手のシュートは2本とも枠外にそれる。

後半12分、カウンターを仕掛ける本学。左サイドでボールを受けた11旗手から中央14杉田(4年)を経由し逆サイドの5毛利へ展開し、毛利がカットインから左足を振り抜き、豪快なシュートをゴールネットに突き刺す。本学追加点。2-0にリードを広げる。

後半17分、ゴール前で5毛利がタメを作り、14杉田に落としてダイレクトでシュートを放つも惜しくも枠外へ。

後半18分、選手交代、明治大学:8→9

後半21分、明治大学のパスワークでゴール前を崩されシュートを打たれるも、本学DFに当たり、失点は免れる。明治大学コーナーキックへ。

後半22分、選手交代、明治大学:11→20

交代直後、明治大学コーナーキック。本学も凌ぐが再び明治大学のコーナーキックへ。2本目のコーナーキックは相手のファールで本学ボールに。

後半31分、明治大学のコーナーキック。ショートコーナーからフリーでシュートを打たれるも、1佐藤がしっかりと防ぐ。

後半33分、選手交代、本学:15村松(2年)→23三國(1年)。

後半35分、相手の勢いのある攻撃に対して4坂(4年)が相手を倒してしまい、イエローカード。

明治大学が勢いを持って果敢に本学ゴールに迫るも、本学の堅いディフェンスに阻まれる。本学DFライン、集中を欠かさない。

後半43分、相手FWにDFラインの裏を突かれ、決定的なピンチを迎えるが、なんとか掻き出しクリアする。

後半45分、選手交代、本学:6石上→9松島(4年)

後半のアディショナルタイムは2分。

交代直後、明治大学FK。こぼれ球を再度放り込むが、これを本学GK1佐藤がキャッチ。

再三のピンチを凌ぎきった本学、2点のリードを守り抜き2-0で勝利。優勝に向けて大きな勝ち点3を手にした。

次節は10月7日に順天堂大学グラウンドにて、桐蔭横浜大学と対戦する。

首位筑波大学に離されずぴったりと追走する本学。負けられない戦いが続く中、チーム全員で優勝目指して戦うべく、良い緊張感を保って次節への準備に全力を尽くしていきたい。

文責 鬼島和希

 
« 一覧ページへ戻る