【第93回関東大学サッカーリーグ戦 第6節】VS専修大学

5月18日(土)
JR東日本カップ2019第93回関東大学サッカーリーグ第6節
vs専修大学 13時00分キックオフ
JR東日本カップ2019第93回関東大学サッカーリーグ戦第6節が東金アリーナ陸上競技場で行われた。
3連敗の流れを断ち切り、本学としては何としてでも勝ち点3をとりたいところだ。
前半は専修大学ボールでキックオフ。
16分、専修大学14番がペナルティーエリア付近で左足でシュートを放つもバーの上に外れる。
20分、9番浮田健誠(4年)が倒れファールをもらい、ペナルティーエリア左付近よりFK。
キッカー28番安島樹(1年)がクロスを入れるも相手ディフェンスのクリア。
24分、28番安島樹(1年)のCKこぼれを
16番長倉幹樹(2年)がシュートを打つもキーパーがキャッチ。
26分、10番旗手怜央(4年)が前線でボールを奪い、9番浮田健誠(4年)がボールを受け、シュートを放ち、本学が先制ゴールを奪う。1-0とする。
34分、スローインからつないだパスを9番浮田健誠(4年)が持ち込みシュートを放つもゴール左に外れる。
38分、専修大学37番が左ペナ付近からシュートを放つもゴール左に外れる。
41分、中盤で10番旗手怜央(4年)がパスを受け16番・長倉幹樹(2年)に縦パスを入れターンし、シュートを放ち、追加点を奪う。2-0とする。
44分、9番浮田健誠(4年)がペナルティーエリア付近で倒されFKを獲得する。
このプレーで専修大学4番にイエローカード。
このプレーで得たFKを10番旗手怜央(4年)が直接狙うも相手に当たりCK。
同CKから26番寺山翼(1年)が合わせるもゴール左に外れる。

後半は本学ボールでキックオフ。
2分、18番大森真吾(1年)が持ち運び、右に抜けた9番浮田健誠(4年)にパスがつながりシュートを放つも、キーパーにはじかれる。
5分、10番旗手怜央(4年)が右に持ち運び26番寺山翼(1年)にマイナスのクロスでつなぎ、シュートを放つもゴール左に外れる。
8分、ゴール前の混戦から9番浮田健誠(4年)がシュートを放つも相手ディフェンスのブロック。
12分【専修大選手交代】37番→10番
14番→13番
14分、10番旗手怜央(4年)にイエローカード。
18分、22番後藤裕二(1年)のクロスから16番長倉幹樹(2年)がシュートを放つもバーの上に外れる。
19分、専修大学38番が右サイドを突破し、クロスを上げるも1番・佐藤久弥(3年)がキャッチ。
22分、 【順大選手交代】
9番浮田健誠(4年)→20番上野瑶介(3年)
29分、専修大学のペナルティーエリア右のFK
10番から30番がヘディングを合わせるもオフサイド。
34分、【専修大選手交代】7番→25番
35分、専修大学13番がペナルティーエリア中央付近でシュートを放つもゴール左に外れる。
36分、20番上野瑶介(3年)の右サイド突破から10番・旗手怜央(4年)へのパスがつながり、シュートを放つもキーパーに防がれる。
36分【順大選手交代】
16番長倉幹樹(2年)→27番桂陸人(1年)
39分、20番上野瑶介(3年)の右サイド突破から10番旗手怜央(4年)へのラストパスがつながり、キーパーとの一対一を決め3-0とする。
45分、クリアボールに反応した10番旗手怜央(4年)がドリブルで運び、キーパーをかわし追加点。4-0とする。
47分、10番旗手怜央(4年)からパスを受けた20番上野瑶介(3年)がシュートを放つもバーの上に外れる。
4-0で試合終了。

結果は4-0で勝利。3試合ぶりの勝利となった。
次節は浦安市運動公園陸上競技場にて中央大学と対戦する。今節の勢いを止めず、良い流れを作っていきたいところだ。

文責:清水俊介、宮永任

 
« 一覧ページへ戻る