2019年02月08日新シーズン始動


S__36716572

日頃より順天堂大学蹴球部へのご声援ありがとうございます。

長期休みが明け、1月29日より新シーズンに向けて全体でミーティングをし、その後トレーニングを行い新チームが始動いたしました。

新チームの主将は浮田健誠、副主将は旗手怜央となりました。
そして今年も2月7日(木)に香取神宮にて必勝祈願を行いました。
2月24日(日)には今年度初の公式戦、千葉県第1種サッカー選手権大会兼第99回天皇杯全日本サッカー大会 千葉県1次予選 城西国際大学戦を控えております。
「全てのタイトルを獲得」すべく、より一層力を蓄え、全部員が一丸となって取り組んでいきたいと思います。新チームとなった今年度の順天堂大学蹴球部にも引き続き温かいご支援、ご声援のほどよろしくお願い致します。
≪監督 堀池巧 コメント≫

『選手層を厚くするためにチーム内のポジション争いを激化させる』

日頃から順天堂大学蹴球部の活動に対し大学関係者、保護者、OB、サポーターの皆様にはご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。
今シーズンのテーマを『選手層を厚くするためにチーム内のポジション争いを激化させる』としました。これは昨年と同様のテーマです。
インカレ(大学選手権)ではベストメンバーで臨めたこともあり3位を獲得しましたが
、まだまだチーム作りが発展途上であること、年間40試合以上の公式戦、9カ月間という長丁場の厳しい戦いのことを考えれば、選手層の厚さが絶対条件であるからこそ継続のテーマとしました。昨年ほど「選手層が厚ければ・・・」と痛感したシーズンはありません。悔しい思いをしないよう勝負強さを兼ね備えたチーム作りをしていきたいと思います
2ndチームにおいては本来戦うべき場所にようやく辿り着きました。念願であったIリーグ1部に挑戦します。2ndチームのポジション争いが激化すれば必然とチーム全体のレベルアップが図れることは言うまでもありません。Top同様に全国大会出場もあれば2部降格もありますので、一人ひとりのやるべきこと・できることを整理し、今まで以上に日頃のトレーニングを大切に取り組んでいきたいと思います。また、新人戦(1・2年生)でも全国大会を目指します。
今シーズンにして初めて部員全員が『全国大会に出場し優勝する』という身近で明確な目標を持つことができる年ですので、何事にも怖がらずに挑戦していきます。選手・スタッフ一丸となり感動を与えられるような試合していきたいと思いますので、今後とも応援宜しくお願い致します。

 

≪主将 浮田健誠コメント≫

今年度、順天堂大学蹴球部主将を務めさせて頂くことになりました浮田 健誠と申します。

昨年度もタイトル獲得を目指して努力して参りましたが関東大学サッカーリーグ戦1部では6位と、インカレ出場権は獲得したものの昨年を上回る結果には至りませんでした。全国でタイトルを獲る切符を獲得したのは、全日本大学サッカー選手権大会のみでした。しかし本大会では、3年連続ベスト8という壁を越え、見事に3位となることが出来ました。しかし、そこで満足をした部員は誰一人いません。3位という結果よりも日本一というタイトルを逃した悔しさの方が上回っています。この時に体感した悔しさは、ピッチの上でもベンチでもスタンドでも変わらないものです。ただこの悔しさを悔しいままで終わらすのは簡単です。この経験は決して忘れることなく、決して忘れてはいけないものです。この経験を糧に今年度もメンバーは変わりますが、日々の練習から本当に意識を高く保ち、熱量を高く取り組み続けていくことで、成果となり初めてあの時の経験をして良かったと感じるのです。試合で苦しい思いをするのなら練習で苦しい思いをしようというコンセプトを持って取り組む事も必要となります。また、日頃より、関係者、OBの皆様多大なるご支援、御協力頂き、ありがとうございます。今年こそは強い覚悟を持って必ず「タイトル」を獲得することに主将としての役割を全うし、監督、選手、スタッフ一同努力して参りますので、今後とも温かいご声援よろしくお願い致します。

S__36716569
〔全体ミーティング〕
S__36716571
〔昨年の振り返り〕
 
S__36716574
〔必勝祈願〕
S__36716575
〔必勝祈願〕